Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ギャンブル依存症(ギャンブルいそんしょう、ギャンブルいぞんしょう)は、DSM5(精神障害の診断と統計のためのマニュアル第5版)、ICD-10(国際疾病分類第10版)など診断基準でいう、ギャンブル障害(ギャンブリング障害:DSM5の場合、ギャンブル障害は和訳)、病的ギャンブリング(IOD-10 の場合)を指す。診断基準にはギャンブル依存症はなく、ギャンブル依存症という言葉を使う場合には「いわゆるギャンブル依存症」とする場合が多い 。ギャンブルを渇望する、ギャンブルをしたいという衝動を制御することができない、ギャンブルをするせいで借金など社会生活上の問題が生じているにもかかわらずやめられない、といった状態が繰り返され、身体的、心理的、社会的健康が害されたり、苦痛であったりする。ギャンブルへの依存は長らく意思薄弱・性格未熟など本人の資質の問題とされてきたが、1970年代以降、精神疾患として認識する動きが広がった。治療には数年を要し、治癒したといえるためにはギャンブルを完全に絶つ必要があり、長期間ギャンブルを絶つことに成功した後でも再びギャンブルに手を出すとたちまち症状が再発し、「ギャンブル依存症は治らない」といわれたこともあった。しかし、2000年以降の研究では、いわゆるギャンブル依存には自然回復が多数あることが指摘され、上記のようにギャンブル障害(いわゆるギャンブル依存)が進行的、不可逆的な障害であるという理解があらためられつつある。河本らによれば、ギャンブルを断つことを最優先すべき群はギャンブリング障害の10-60%と見積もられ、必ずしも断ギャンブリングが治療上必須とは言えない。治療法としては、有効な治療薬がなく、心理療法が最も有力と考えられている。依存者自身のみならず周囲にいる人間への影響も大きく、周囲の人間が傷つく度合いにおいて、ギャンブル依存症を超える病気はないといわれ、とりわけ家族については、患者本人とは別にケアを行うことが必要とされてきた。一方で、久里浜医療センターの病的ギャンブリング(いわゆるギャンブル依存)外来では、6回の面接を通して、ギャンブルを行う目的の整理などの認知行動療法を行うことで良好な成績を収めつつあり、隔離的な対処の弊害も指摘されている。
dbpedia-owl:commonName
  • ギャンブル依存症
dbpedia-owl:icd10
  • F63.0
dbpedia-owl:icd9
  • 312.31
dbpedia-owl:meshId
  • D005715
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1377394 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 34944 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 127 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58612582 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
  • カジノでスロットマシンに興じる人々
prop-ja:icd
  • 312.310000 (xsd:double)
  • F63.0
prop-ja:medlineplus
  • 1520 (xsd:integer)
prop-ja:meshid
  • D005715
prop-ja:name
  • ギャンブル依存症
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ギャンブル依存症(ギャンブルいそんしょう、ギャンブルいぞんしょう)は、DSM5(精神障害の診断と統計のためのマニュアル第5版)、ICD-10(国際疾病分類第10版)など診断基準でいう、ギャンブル障害(ギャンブリング障害:DSM5の場合、ギャンブル障害は和訳)、病的ギャンブリング(IOD-10 の場合)を指す。診断基準にはギャンブル依存症はなく、ギャンブル依存症という言葉を使う場合には「いわゆるギャンブル依存症」とする場合が多い 。ギャンブルを渇望する、ギャンブルをしたいという衝動を制御することができない、ギャンブルをするせいで借金など社会生活上の問題が生じているにもかかわらずやめられない、といった状態が繰り返され、身体的、心理的、社会的健康が害されたり、苦痛であったりする。ギャンブルへの依存は長らく意思薄弱・性格未熟など本人の資質の問題とされてきたが、1970年代以降、精神疾患として認識する動きが広がった。治療には数年を要し、治癒したといえるためにはギャンブルを完全に絶つ必要があり、長期間ギャンブルを絶つことに成功した後でも再びギャンブルに手を出すとたちまち症状が再発し、「ギャンブル依存症は治らない」といわれたこともあった。しかし、2000年以降の研究では、いわゆるギャンブル依存には自然回復が多数あることが指摘され、上記のようにギャンブル障害(いわゆるギャンブル依存)が進行的、不可逆的な障害であるという理解があらためられつつある。河本らによれば、ギャンブルを断つことを最優先すべき群はギャンブリング障害の10-60%と見積もられ、必ずしも断ギャンブリングが治療上必須とは言えない。治療法としては、有効な治療薬がなく、心理療法が最も有力と考えられている。依存者自身のみならず周囲にいる人間への影響も大きく、周囲の人間が傷つく度合いにおいて、ギャンブル依存症を超える病気はないといわれ、とりわけ家族については、患者本人とは別にケアを行うことが必要とされてきた。一方で、久里浜医療センターの病的ギャンブリング(いわゆるギャンブル依存)外来では、6回の面接を通して、ギャンブルを行う目的の整理などの認知行動療法を行うことで良好な成績を収めつつあり、隔離的な対処の弊害も指摘されている。
rdfs:label
  • ギャンブル依存症
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of