Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ギャロッピング現象(ギャロッピングげんしょう、Galloping)とは、送電線に雪や氷が付着した状態で強風が吹き寄せたとき、送電線が上下に激しく振動する現象の事である。着雪・着氷と風による送電線の自励振動現象と考えられる。通常の強風では起こりえないような大幅な振動が継続するので、送電線同士が接触してショートするなどし、送電設備の破損や停電などが発生することがある。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1293361 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1513 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 36 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56556559 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ギャロッピング現象(ギャロッピングげんしょう、Galloping)とは、送電線に雪や氷が付着した状態で強風が吹き寄せたとき、送電線が上下に激しく振動する現象の事である。着雪・着氷と風による送電線の自励振動現象と考えられる。通常の強風では起こりえないような大幅な振動が継続するので、送電線同士が接触してショートするなどし、送電設備の破損や停電などが発生することがある。
rdfs:label
  • ギャロッピング現象
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of