Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ギガ(giga, 記号:G)は国際単位系(SI)における接頭辞の1つで、基礎となる単位の109(=十億)倍の量であることを示す。1960年に定められたもので、ギリシャ語で「巨人」を意味するγίγας(gigas)に由来する。コンピュータの分野においては、ギガは1,073,741,824(230)を表す場合もある(ギガビット、ギガバイトなど)。しかし、1,000,000,000(109)を表す場合もある(例:1ギガビット/秒(Gbps)=1,000,000,000ビット/秒)。曖昧さを回避するために230については2進接頭辞「ギビ」(gibi, 記号:Gi)が導入されたが、あまり用いられていない。英語圏(特にアメリカ)では、ギガは"gig"と略されることが多い。"giga"の通常の英語発音は「ギガ」であるが、まれに「ジガ」と発音されることもある。「バック・トゥ・ザ・フューチャーシリーズ」では、"giga"が登場人物たちの会話に登場するが、英語の音声は「ジガ」であるところ(英語としても少数派の発音)、日本語の翻訳では「ジゴ」と間違えていたことが知られている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 18404 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageInterLanguageLink
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 763 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 13 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55751611 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ギガ(giga, 記号:G)は国際単位系(SI)における接頭辞の1つで、基礎となる単位の109(=十億)倍の量であることを示す。1960年に定められたもので、ギリシャ語で「巨人」を意味するγίγας(gigas)に由来する。コンピュータの分野においては、ギガは1,073,741,824(230)を表す場合もある(ギガビット、ギガバイトなど)。しかし、1,000,000,000(109)を表す場合もある(例:1ギガビット/秒(Gbps)=1,000,000,000ビット/秒)。曖昧さを回避するために230については2進接頭辞「ギビ」(gibi, 記号:Gi)が導入されたが、あまり用いられていない。英語圏(特にアメリカ)では、ギガは"gig"と略されることが多い。"giga"の通常の英語発音は「ギガ」であるが、まれに「ジガ」と発音されることもある。「バック・トゥ・ザ・フューチャーシリーズ」では、"giga"が登場人物たちの会話に登場するが、英語の音声は「ジガ」であるところ(英語としても少数派の発音)、日本語の翻訳では「ジゴ」と間違えていたことが知られている。
rdfs:label
  • ギガ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of