Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • キリル・グスタヴォヴィチ・ラクスマン(Кири́лл Гу́ставович Ла́ксман・Kirill Gustavovich Laksman、またはスウェーデン名でエリク・ラックスマン・Erik Laxman(Э́рик Гу́ставович Ла́ксман)とも。1737年 - 1796年)は、スウェーデン系のフィンランド出身の博物学者。フィンランドはラクスマン存命当時はスウェーデン領であったため、スウェーデン王国出身とされることも多い。日本では北槎聞略やスウェーデン語などの表記からラックスマンと表記されることも多い。ロシア帝国サンクトペテルブルク科学アカデミー会員であり、当時、ロシアに漂流した大黒屋光太夫の帰国実現のために奔走した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 289299 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2339 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 62 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57592218 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • キリル・グスタヴォヴィチ・ラクスマン(Кири́лл Гу́ставович Ла́ксман・Kirill Gustavovich Laksman、またはスウェーデン名でエリク・ラックスマン・Erik Laxman(Э́рик Гу́ставович Ла́ксман)とも。1737年 - 1796年)は、スウェーデン系のフィンランド出身の博物学者。フィンランドはラクスマン存命当時はスウェーデン領であったため、スウェーデン王国出身とされることも多い。日本では北槎聞略やスウェーデン語などの表記からラックスマンと表記されることも多い。ロシア帝国サンクトペテルブルク科学アカデミー会員であり、当時、ロシアに漂流した大黒屋光太夫の帰国実現のために奔走した。
rdfs:label
  • キリル・ラクスマン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:influenced of
is foaf:primaryTopic of