Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • キリスト教は第二神殿時代のユダヤ教にルーツを持ち、西暦1世紀に2つの宗教に分かれた。キリスト教は信条の正しさを重視し、イエス・キリストを通して結ばれた新しい契約を重視し、新約聖書を聖典とする。ユダヤ教は行動を重視し、モーセのシナイ契約を重視し、トーラー(モーセ五書)とタルムードを聖典とする。キリスト教徒は、罪を悔い、信仰と恩顧を通してイエス・キリストを神、救い主として受け入れることにより、個々人が救済されることを信じる。ユダヤ教徒は、伝統、儀式、祈り、倫理的行動を通して神と永遠に対話することにより、個人とすべての民が救われることを信じる。キリスト教は一般的に三位一体と受肉を信じている。ユダヤ教は神の唯一性を強調し、人間の形を取った神というキリスト教の概念を排除する。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3118983 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 47640 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 441 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54745428 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • キリスト教は第二神殿時代のユダヤ教にルーツを持ち、西暦1世紀に2つの宗教に分かれた。キリスト教は信条の正しさを重視し、イエス・キリストを通して結ばれた新しい契約を重視し、新約聖書を聖典とする。ユダヤ教は行動を重視し、モーセのシナイ契約を重視し、トーラー(モーセ五書)とタルムードを聖典とする。キリスト教徒は、罪を悔い、信仰と恩顧を通してイエス・キリストを神、救い主として受け入れることにより、個々人が救済されることを信じる。ユダヤ教徒は、伝統、儀式、祈り、倫理的行動を通して神と永遠に対話することにより、個人とすべての民が救われることを信じる。キリスト教は一般的に三位一体と受肉を信じている。ユダヤ教は神の唯一性を強調し、人間の形を取った神というキリスト教の概念を排除する。
rdfs:label
  • キリスト教とユダヤ教
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of