Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 龔 得樹(きょう とくじゅ、Gong Deshu、? - 1861年)は清末の捻軍の乱の指導者。安徽省亳州雉河集出身。1855年、捻軍が雉河集に集まって会議を開き、張楽行を盟主とし、五色旗を制定すると、龔得樹は白旗の首領となった。知謀に優れ、1856年に宿州臨渙集で河北鎮総兵崇安軍を破った。その後も1857年に雉河集が包囲されると、撤退して三河尖を奪取するなど、捻軍の戦術を指導した。さらに龔得樹は太平天国との連携を推進する路線をとり、共同作戦を行った。1861年、龔得樹は太平天国の拠点の安慶の救援に赴く途中、湖北省羅田県松子関で清軍と戦闘になり、戦死した。軍師である龔得樹の死は捻軍にとって痛手であり、結局その2年後に張楽行は清軍に敗北して、命を落とすこととなった。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1512964 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 607 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 20 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 49046031 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 龔 得樹(きょう とくじゅ、Gong Deshu、? - 1861年)は清末の捻軍の乱の指導者。安徽省亳州雉河集出身。1855年、捻軍が雉河集に集まって会議を開き、張楽行を盟主とし、五色旗を制定すると、龔得樹は白旗の首領となった。知謀に優れ、1856年に宿州臨渙集で河北鎮総兵崇安軍を破った。その後も1857年に雉河集が包囲されると、撤退して三河尖を奪取するなど、捻軍の戦術を指導した。さらに龔得樹は太平天国との連携を推進する路線をとり、共同作戦を行った。1861年、龔得樹は太平天国の拠点の安慶の救援に赴く途中、湖北省羅田県松子関で清軍と戦闘になり、戦死した。軍師である龔得樹の死は捻軍にとって痛手であり、結局その2年後に張楽行は清軍に敗北して、命を落とすこととなった。
rdfs:label
  • キョウ得樹
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of