Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • キュプロ・ミノア文字(キュプロ・ミノアもじ、別名CMもしくはLinear C)は青銅器時代後期、ミノア文明時代のキプロスで(紀元前15世紀から12世紀ごろ、すなわち紀元前1500年-1150年に)使われた音節文字である。銘文の痕跡は年代によって4群に分類され、並べられている:Archaic CM。23の記号。CM 1。745の記号、85の標準的な文字。CM 2。1310の記号、59の標準的な文字。紀元前13世紀と12世紀。CM 3。219の記号、44の標準的な文字。Archaic CMは、ミノア時代のクレタ島で使われ紀元前11世紀ごろ(ギリシア暗黒時代)から鉄器時代のキュプロス文字に進化した文字である線文字Aと深く関係している。銘文のコーパスは以下のように分類される。商取引に関する文章供物の銘文エンコミとキチオンから発掘された粘土球に書かれた短い銘↑ ↑
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1171475 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2713 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 26 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57526452 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:children
  • キュプロス文字
prop-ja:fam
prop-ja:languages
  • :en:Eteocypriot?
prop-ja:name
  • キュプロ・ミノア文字
prop-ja:time
  • 紀元前15世紀から12世紀
prop-ja:type
  • 音節文字
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • キュプロ・ミノア文字(キュプロ・ミノアもじ、別名CMもしくはLinear C)は青銅器時代後期、ミノア文明時代のキプロスで(紀元前15世紀から12世紀ごろ、すなわち紀元前1500年-1150年に)使われた音節文字である。銘文の痕跡は年代によって4群に分類され、並べられている:Archaic CM。23の記号。CM 1。745の記号、85の標準的な文字。CM 2。1310の記号、59の標準的な文字。紀元前13世紀と12世紀。CM 3。219の記号、44の標準的な文字。Archaic CMは、ミノア時代のクレタ島で使われ紀元前11世紀ごろ(ギリシア暗黒時代)から鉄器時代のキュプロス文字に進化した文字である線文字Aと深く関係している。銘文のコーパスは以下のように分類される。商取引に関する文章供物の銘文エンコミとキチオンから発掘された粘土球に書かれた短い銘↑ ↑
rdfs:label
  • キュプロ・ミノア文字
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of