Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • キュストリン(ドイツ語: KüstrinまたはCüstrin、ポーランド語: Kostrzyn)は、第二次世界大戦終結までのドイツで、以前のプロイセン王国ブランデンブルク州におけるオーデル川とヴァルタ川の合流点にあった町である。戦後、町を南北に流れるオーデル川で新しい国境線(オーデル・ナイセ線)が引かれたため、町のほとんどである東岸の地区はポーランド人民共和国のコストシン・ナド・オドロンに、一部であった西岸の地区はドイツ民主共和国に分割された。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2684789 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 549 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 16 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57397452 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • キュストリン(ドイツ語: KüstrinまたはCüstrin、ポーランド語: Kostrzyn)は、第二次世界大戦終結までのドイツで、以前のプロイセン王国ブランデンブルク州におけるオーデル川とヴァルタ川の合流点にあった町である。戦後、町を南北に流れるオーデル川で新しい国境線(オーデル・ナイセ線)が引かれたため、町のほとんどである東岸の地区はポーランド人民共和国のコストシン・ナド・オドロンに、一部であった西岸の地区はドイツ民主共和国に分割された。
rdfs:label
  • キュストリン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of