Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:PopulatedPlace/areaTotal
  • 814.2
  • 814.2922618896384
dbpedia-owl:PopulatedPlace/populationDensity
  • 428.57339598211496
dbpedia-owl:abstract
  • キャンベラ(Canberra:11px [ˈkænbᵊrə] or [kænˈbɛrə]))は、オーストラリアの首都。35万8000人の人口を擁し、オーストラリア国内では8番目、同国内陸部では最大の都市である。キャンベラは、オーストラリア首都特別地域(ACT)に属し、シドニーの南西280キロメートル、メルボルンの北東660キロメートルに位置している。キャンベラの住民のことを英語で、Canberranと呼ぶ。キャンベラがオーストラリアの首都として選ばれたのは1908年のことであり、同国の二大都市であるシドニーとメルボルンの間の首都をめぐる争いの妥協の産物であった。他のオーストラリアの都市とは異なり、キャンベラは都市全体が計画都市として設計され、誕生した歴史を持つ。キャンベラの都市設計においては、国際的なコンテストが実施され、シカゴの建築家であるウォルター・バーリー・グリフィンとマリオン・マホーニー・グリフィンの計画が1913年に採用された。グリフィンの都市計画では、キャンベラの街は、円、六角形、三角形などの幾何学模様がモチーフとして採用されている。加えて、街の中心部は、ACTにおけるランドマークとして重要な景観を形成している。キャンベラの都市デザインは田園都市の影響を大きく受けており、都市区域内には自然の植生の地域を組み込んでいる。キャンベラの建設に際しては、都市計画のために3つの機関が設立されたことから、議論が長期化すると同時に非効率になった。このため、都市の発展が妨げられ、大きく遅れることとなった。 第二次世界大戦後、ロバート・メンジーズ首相がキャンベラの整備を指揮し、国立首都発展委員会(NCDC:en)が設立された。ACTは現在では、地方自治が展開されている一方で、オーストラリア連邦政府は、国家首都局(NCA:en)を通じて、キャンベラの都市開発に大きな影響力を保持している。オーストラリアの首都機能を有するため、キャンベラには、国会議事堂、高等裁判所、さまざまな官庁がある。首都機能のみならず、キャンベラには、オーストラリア戦争記念館(en)、オーストラリア国立大学、オーストラリア国立スポーツ研究所、オーストラリア国立美術館(en)、オーストラリア国立博物館、オーストラリア国立図書館といった多くの社会的、文化的な施設がある。オーストラリア陸軍の教育機関として、王立軍事大学があり、オーストラリア国防大学もキャンベラに存在する。
dbpedia-owl:areaTotal
  • 814200000.000000 (xsd:double)
  • 814292261.889638 (xsd:double)
dbpedia-owl:populationDensity
  • 428.573396 (xsd:double)
dbpedia-owl:populationTotal
  • 374245 (xsd:integer)
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 81430 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 77040 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 351 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58466353 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:aprHighC
  • 20 (xsd:integer)
prop-ja:aprLowC
  • 6.700000 (xsd:double)
prop-ja:aprPrecipitationDays
  • 7.300000 (xsd:double)
prop-ja:aprPrecipitationMm
  • 46 (xsd:integer)
prop-ja:aprRecordHighC
  • 32.600000 (xsd:double)
prop-ja:aprRecordLowC
  • -3.700000 (xsd:double)
prop-ja:aprSun
  • 219 (xsd:integer)
prop-ja:augHighC
  • 13 (xsd:integer)
prop-ja:augLowC
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:augPrecipitationDays
  • 11.100000 (xsd:double)
prop-ja:augPrecipitationMm
  • 46.200000 (xsd:double)
prop-ja:augRecordHighC
  • 24 (xsd:integer)
prop-ja:augRecordLowC
  • -8.500000 (xsd:double)
prop-ja:augSun
  • 217 (xsd:integer)
prop-ja:date
  • September 2011
prop-ja:decHighC
  • 26.100000 (xsd:double)
prop-ja:decLowC
  • 11.400000 (xsd:double)
prop-ja:decPrecipitationDays
  • 7.800000 (xsd:double)
prop-ja:decPrecipitationMm
  • 53.800000 (xsd:double)
prop-ja:decRecordHighC
  • 39.200000 (xsd:double)
prop-ja:decRecordLowC
  • 1.100000 (xsd:double)
prop-ja:decSun
  • 291.400000 (xsd:double)
prop-ja:e(東経)及びw(西経)_
  • E
prop-ja:febHighC
  • 27.100000 (xsd:double)
prop-ja:febLowC
  • 13.100000 (xsd:double)
prop-ja:febPrecipitationDays
  • 6.700000 (xsd:double)
prop-ja:febPrecipitationMm
  • 56.400000 (xsd:double)
prop-ja:febRecordHighC
  • 42.200000 (xsd:double)
prop-ja:febRecordLowC
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:febSun
  • 254.300000 (xsd:double)
prop-ja:janHighC
  • 28 (xsd:integer)
prop-ja:janLowC
  • 13.200000 (xsd:double)
prop-ja:janPrecipitationDays
  • 7.300000 (xsd:double)
prop-ja:janPrecipitationMm
  • 58.500000 (xsd:double)
prop-ja:janRecordHighC
  • 41.400000 (xsd:double)
prop-ja:janRecordLowC
  • 1.800000 (xsd:double)
prop-ja:janSun
  • 294.500000 (xsd:double)
prop-ja:julHighC
  • 11.400000 (xsd:double)
prop-ja:julLowC
  • -0.100000 (xsd:double)
prop-ja:julPrecipitationDays
  • 10.500000 (xsd:double)
prop-ja:julPrecipitationMm
  • 41.400000 (xsd:double)
prop-ja:julRecordHighC
  • 19.700000 (xsd:double)
prop-ja:julRecordLowC
  • -10 (xsd:integer)
prop-ja:julSun
  • 179.800000 (xsd:double)
prop-ja:junHighC
  • 12.300000 (xsd:double)
prop-ja:junLowC
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:junPrecipitationDays
  • 9.800000 (xsd:double)
prop-ja:junPrecipitationMm
  • 40.400000 (xsd:double)
prop-ja:junRecordHighC
  • 20.100000 (xsd:double)
prop-ja:junRecordLowC
  • -8.500000 (xsd:double)
prop-ja:junSun
  • 156 (xsd:integer)
prop-ja:location
prop-ja:marHighC
  • 24.500000 (xsd:double)
prop-ja:marLowC
  • 10.700000 (xsd:double)
prop-ja:marPrecipitationDays
  • 6.900000 (xsd:double)
prop-ja:marPrecipitationMm
  • 50.700000 (xsd:double)
prop-ja:marRecordHighC
  • 37.500000 (xsd:double)
prop-ja:marRecordLowC
  • -1.100000 (xsd:double)
prop-ja:marSun
  • 251.100000 (xsd:double)
prop-ja:mayHighC
  • 15.600000 (xsd:double)
prop-ja:mayLowC
  • 3.200000 (xsd:double)
prop-ja:mayPrecipitationDays
  • 8.400000 (xsd:double)
prop-ja:mayPrecipitationMm
  • 44.400000 (xsd:double)
prop-ja:mayRecordHighC
  • 24.500000 (xsd:double)
prop-ja:mayRecordLowC
  • -7.500000 (xsd:double)
prop-ja:maySun
  • 186 (xsd:integer)
prop-ja:metricFirst
  • Yes
prop-ja:n(北緯)及びs(南緯)_
  • S
prop-ja:novHighC
  • 22.700000 (xsd:double)
prop-ja:novLowC
  • 8.800000 (xsd:double)
prop-ja:novPrecipitationDays
  • 9.800000 (xsd:double)
prop-ja:novPrecipitationMm
  • 64.400000 (xsd:double)
prop-ja:novRecordHighC
  • 38.900000 (xsd:double)
prop-ja:novRecordLowC
  • -1.800000 (xsd:double)
prop-ja:novSun
  • 267 (xsd:integer)
prop-ja:octHighC
  • 19.400000 (xsd:double)
prop-ja:octLowC
  • 6.100000 (xsd:double)
prop-ja:octPrecipitationDays
  • 10.400000 (xsd:double)
prop-ja:octPrecipitationMm
  • 62.400000 (xsd:double)
prop-ja:octRecordHighC
  • 32.700000 (xsd:double)
prop-ja:octRecordLowC
  • -3.300000 (xsd:double)
prop-ja:octSun
  • 266.600000 (xsd:double)
prop-ja:sepHighC
  • 16.200000 (xsd:double)
prop-ja:sepLowC
  • 3.300000 (xsd:double)
prop-ja:sepPrecipitationDays
  • 10.200000 (xsd:double)
prop-ja:sepPrecipitationMm
  • 52 (xsd:integer)
prop-ja:sepRecordHighC
  • 28.600000 (xsd:double)
prop-ja:sepRecordLowC
  • -6.400000 (xsd:double)
prop-ja:sepSun
  • 231 (xsd:integer)
prop-ja:singleLine
  • Yes
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:yearHighC
  • 19.700000 (xsd:double)
prop-ja:yearLowC
  • 6.500000 (xsd:double)
prop-ja:yearPrecipitationDays
  • 106.200000 (xsd:double)
prop-ja:yearPrecipitationMm
  • 616.400000 (xsd:double)
prop-ja:yearRecordHighC
  • 42.200000 (xsd:double)
prop-ja:yearRecordLowC
  • -10 (xsd:integer)
prop-ja:yearSun
  • 2813.700000 (xsd:double)
prop-ja:下位区分名
  • オーストラリア首都特別地域
prop-ja:下位区分種類
prop-ja:人口の時点
  • --06-30
prop-ja:人口密度(平方キロ当たり)_
  • 428.600000 (xsd:double)
prop-ja:人口密度(平方マイル当たり)_
  • 1110 (xsd:integer)
prop-ja:位置図
  • Australian Capital Territory in Australia .svg
prop-ja:位置図の見出し
  • キャンベラの位置
prop-ja:公用語名称
  • Canberra
prop-ja:協定世界時との時差
  • +10
prop-ja:夏時間の協定世界時との時差
  • +11
prop-ja:夏時間の等時帯
prop-ja:成立区分
  • 設立日
prop-ja:成立日
  • --03-12
prop-ja:正式名称
  • キャンベラ
prop-ja:画像
  • Canberra Montage.png
prop-ja:画像の見出し
  • 左上から時計回りで、国会議事堂、オーストラリア戦争記念館、キャンベラ市街を貫く国会議事堂・ANZACパレード・オーストラリア戦争記念館、ブラック・マウンテン・タワー、オーストラリア国立図書館、オーストラリア国立大学
prop-ja:等時帯
prop-ja:経度分
  • 7 (xsd:integer)
prop-ja:経度度
  • 149 (xsd:integer)
prop-ja:経度秒
  • 27.900000 (xsd:double)
prop-ja:総人口
  • 374245 (xsd:integer)
prop-ja:総面積(平方キロ)_
  • 814.200000 (xsd:double)
prop-ja:総面積(平方マイル)_
  • 314.400000 (xsd:double)
prop-ja:緯度分
  • 18 (xsd:integer)
prop-ja:緯度度
  • 35 (xsd:integer)
prop-ja:緯度秒
  • 27 (xsd:integer)
prop-ja:規模
dcterms:subject
georss:point
  • -35.3075 149.12441666666666
rdf:type
rdfs:comment
  • キャンベラ(Canberra:11px [ˈkænbᵊrə] or [kænˈbɛrə]))は、オーストラリアの首都。35万8000人の人口を擁し、オーストラリア国内では8番目、同国内陸部では最大の都市である。キャンベラは、オーストラリア首都特別地域(ACT)に属し、シドニーの南西280キロメートル、メルボルンの北東660キロメートルに位置している。キャンベラの住民のことを英語で、Canberranと呼ぶ。キャンベラがオーストラリアの首都として選ばれたのは1908年のことであり、同国の二大都市であるシドニーとメルボルンの間の首都をめぐる争いの妥協の産物であった。他のオーストラリアの都市とは異なり、キャンベラは都市全体が計画都市として設計され、誕生した歴史を持つ。キャンベラの都市設計においては、国際的なコンテストが実施され、シカゴの建築家であるウォルター・バーリー・グリフィンとマリオン・マホーニー・グリフィンの計画が1913年に採用された。グリフィンの都市計画では、キャンベラの街は、円、六角形、三角形などの幾何学模様がモチーフとして採用されている。加えて、街の中心部は、ACTにおけるランドマークとして重要な景観を形成している。キャンベラの都市デザインは田園都市の影響を大きく受けており、都市区域内には自然の植生の地域を組み込んでいる。キャンベラの建設に際しては、都市計画のために3つの機関が設立されたことから、議論が長期化すると同時に非効率になった。このため、都市の発展が妨げられ、大きく遅れることとなった。 第二次世界大戦後、ロバート・メンジーズ首相がキャンベラの整備を指揮し、国立首都発展委員会(NCDC:en)が設立された。ACTは現在では、地方自治が展開されている一方で、オーストラリア連邦政府は、国家首都局(NCA:en)を通じて、キャンベラの都市開発に大きな影響力を保持している。オーストラリアの首都機能を有するため、キャンベラには、国会議事堂、高等裁判所、さまざまな官庁がある。首都機能のみならず、キャンベラには、オーストラリア戦争記念館(en)、オーストラリア国立大学、オーストラリア国立スポーツ研究所、オーストラリア国立美術館(en)、オーストラリア国立博物館、オーストラリア国立図書館といった多くの社会的、文化的な施設がある。オーストラリア陸軍の教育機関として、王立軍事大学があり、オーストラリア国防大学もキャンベラに存在する。
rdfs:label
  • キャンベラ
owl:sameAs
geo:lat
  • -35.307499 (xsd:float)
geo:long
  • 149.124420 (xsd:float)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • キャンベラ
is dbpedia-owl:birthPlace of
is dbpedia-owl:campus of
is dbpedia-owl:city of
is dbpedia-owl:deathPlace of
is dbpedia-owl:headquarter of
is dbpedia-owl:hometown of
is dbpedia-owl:location of
is dbpedia-owl:residence of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:campus of
is prop-ja:capital of
is prop-ja:city of
is prop-ja:cityofbirth of
is prop-ja:deathPlace of
is prop-ja:headquarters of
is prop-ja:location of
is prop-ja:meetingPlace of
is prop-ja:origin of
is prop-ja:residence of
is prop-ja:reverseDesign of
is prop-ja:stadium of
is prop-ja:ホームタウン of
is prop-ja:出生地 of
is prop-ja:出身地 of
is prop-ja:所在地 of
is prop-ja:担当官庁 of
is prop-ja:本部所在地 of
is prop-ja:母都市 of
is prop-ja:競技場 of
is prop-ja:首都 of
is foaf:primaryTopic of