Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • キャロル・ギリガン(Carol Gilligan、1937年11月28日 - )は、アメリカ合衆国のフェミニストで倫理学者、そして心理学者で、ローレンス・コールバーグと共に倫理的なコミュニティや倫理的社会について共に仕事し、また彼を批判したこと、倫理学における主体-客体問題でよく知られている。彼女は、現在ニューヨーク大学の教授で、ケンブリッジ大学の客員教授を務めている。1982年の著作『もうひとつの声―男女の道徳観のちがいと女性のアイデンティティ』(In a Different Voice)で知られている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2443351 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4796 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 26 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55814003 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:dateOfBirth
  • November 28, 1936
prop-ja:name
  • Gilligan, Carol
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • キャロル・ギリガン(Carol Gilligan、1937年11月28日 - )は、アメリカ合衆国のフェミニストで倫理学者、そして心理学者で、ローレンス・コールバーグと共に倫理的なコミュニティや倫理的社会について共に仕事し、また彼を批判したこと、倫理学における主体-客体問題でよく知られている。彼女は、現在ニューヨーク大学の教授で、ケンブリッジ大学の客員教授を務めている。1982年の著作『もうひとつの声―男女の道徳観のちがいと女性のアイデンティティ』(In a Different Voice)で知られている。
rdfs:label
  • キャロル・ギリガン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of