Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • キャップ火薬(キャップかやく)は、おもに遊戯銃と組み合わせて使用するおもちゃ花火の一種。銃用雷管を玩具用に作り替えたもので、衝撃により発火させて火花と発煙、破裂音などを楽しむものである。前装式銃用の雷管であるパーカッションキャップがそのルーツである。基本的な構造はほぼ同一で、外装が金属ではなくプラスチックである程度の差異しかない。現在日本国内で流通しているものは、プラスチック製の小さなカップ状の容器に火薬が詰められ、薄い紙などでふたがされた形をしている。キャップ火薬という名称は、英語のcapという単語に元々火薬の意味があるため、直訳すると火薬火薬となってしまう重複語である。しかし日本における外来語のキャップには火薬の意味がないため、便宜上命名された造語だとされている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2597718 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1767 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 46 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 49590440 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • キャップ火薬(キャップかやく)は、おもに遊戯銃と組み合わせて使用するおもちゃ花火の一種。銃用雷管を玩具用に作り替えたもので、衝撃により発火させて火花と発煙、破裂音などを楽しむものである。前装式銃用の雷管であるパーカッションキャップがそのルーツである。基本的な構造はほぼ同一で、外装が金属ではなくプラスチックである程度の差異しかない。現在日本国内で流通しているものは、プラスチック製の小さなカップ状の容器に火薬が詰められ、薄い紙などでふたがされた形をしている。キャップ火薬という名称は、英語のcapという単語に元々火薬の意味があるため、直訳すると火薬火薬となってしまう重複語である。しかし日本における外来語のキャップには火薬の意味がないため、便宜上命名された造語だとされている。
rdfs:label
  • キャップ火薬
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of