Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • キャサリン・ポラスキー(Katherine Pulaski)は『新スタートレック』に登場するキャラクター。ダイアナ・マルドアが演じた。日本語版の吹き替えは谷育子が担当した。ビバリー・クラッシャーが惑星連邦本部の医療統括部長を務めている2365年から約1年間、U.S.SエンタープライズDで主任医師として赴任した。同作品第2シーズンの放映前に、ビバリー・クラッシャー役のゲイツ・マクファデンに薬物疑惑が持ち上がり、ライカー役のジョナサン・フレイクスを中心に「薬物疑惑がシロとわかるまで出演させるな」という声が起きたため、第2シーズンのみ登場した。正式にはレギュラーでなく毎回ゲスト扱いの契約である。また『宇宙大作戦』にも二度ゲストで出演している。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 729360 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1076 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 17 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53304057 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • キャサリン・ポラスキー(Katherine Pulaski)は『新スタートレック』に登場するキャラクター。ダイアナ・マルドアが演じた。日本語版の吹き替えは谷育子が担当した。ビバリー・クラッシャーが惑星連邦本部の医療統括部長を務めている2365年から約1年間、U.S.SエンタープライズDで主任医師として赴任した。同作品第2シーズンの放映前に、ビバリー・クラッシャー役のゲイツ・マクファデンに薬物疑惑が持ち上がり、ライカー役のジョナサン・フレイクスを中心に「薬物疑惑がシロとわかるまで出演させるな」という声が起きたため、第2シーズンのみ登場した。正式にはレギュラーでなく毎回ゲスト扱いの契約である。また『宇宙大作戦』にも二度ゲストで出演している。
rdfs:label
  • キャサリン・ポラスキー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:aux of
is foaf:primaryTopic of