Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • キノリン (quinoline) は分子式 C9H7N、分子量 129.16 の複素環式芳香族化合物の一種である。その構造を、1-アザナフタレン、1-ベンズアジン、ベンゾ[b]ピリジンと表すこともできる。無色で吸湿性の油状物質で、強い臭いをもつ。水にはわずかしか溶けないが、多くの有機溶媒に容易に溶ける。光が当たる場所で長期保存すると、キノリンは黄色に、さらに褐色へと変色する。キノリンは色素、高分子、農薬の製造において、合成中間体として用いられる。保存剤、消毒剤、溶媒としても利用される。キノリンは有毒である。キノリンの蒸気に短時間さらされると、鼻、眼、喉に炎症を生じ、めまいと吐き気を催す。長期間さらされた場合の影響ははっきりと知られてはいないが、肝臓の損傷との関係が疑われている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 606717 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2780 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 35 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58177032 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:cas登録番号
  • [91-22-5]
prop-ja:iupac名
  • キノリン(許容慣用名)
  • ベンゾ[b]ピリジン(系統名)
prop-ja:name
  • キノリン
prop-ja:pkb
  • 9.500000 (xsd:double)
prop-ja:smiles
  • C1=C2C=CC=C1
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:分子式
  • C9H7N
prop-ja:分子量
  • 129.160000 (xsd:double)
prop-ja:別名
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:密度
  • 1.090000 (xsd:double)
prop-ja:屈折率
  • 1.626830 (xsd:double)
prop-ja:形状
  • 無色油状
prop-ja:沸点
  • 238 (xsd:integer)
prop-ja:画像
  • 200 (xsd:integer)
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:融点
  • -15 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • キノリン (quinoline) は分子式 C9H7N、分子量 129.16 の複素環式芳香族化合物の一種である。その構造を、1-アザナフタレン、1-ベンズアジン、ベンゾ[b]ピリジンと表すこともできる。無色で吸湿性の油状物質で、強い臭いをもつ。水にはわずかしか溶けないが、多くの有機溶媒に容易に溶ける。光が当たる場所で長期保存すると、キノリンは黄色に、さらに褐色へと変色する。キノリンは色素、高分子、農薬の製造において、合成中間体として用いられる。保存剤、消毒剤、溶媒としても利用される。キノリンは有毒である。キノリンの蒸気に短時間さらされると、鼻、眼、喉に炎症を生じ、めまいと吐き気を催す。長期間さらされた場合の影響ははっきりと知られてはいないが、肝臓の損傷との関係が疑われている。
rdfs:label
  • キノリン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of