Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • キテレツ大百科の発明道具(キテレツだいひゃっかのはつめいどうぐ)では、藤子不二雄(藤子・F・不二雄)による日本の漫画作品『キテレツ大百科』と、その派生作品で同作の主人公キテレツが作成した発明道具を扱う。『キテレツ大百科』は主人公のキテレツが、先祖の残した『奇天烈大百科』(きてれつだいひゃっか)を参考として発明道具を作り、その発明道具によって騒動が起きるというのが基本プロットとなっている。『奇天烈大百科』は目には見えない光を出すインクで書かれており、この光を感知できる眼鏡・神通鏡(じんつうきょう)を通さなければ読むことができない。また、アニメでは神通鏡は通常よりも丈夫なガラスで作られていると語られている(アニメ第171回「キリンにメガネ!? ハシゴローものがたり」)。原作では毎話新しい発明道具が必ず登場し、一度出た道具の再登場はほとんどない。例外は第25話「物置でアフリカへ」に登場した熱気球が第38話「仙鏡水」にも再登場しているのみ。アニメでは、何度も登場する道具がある。また「手作り」「江戸時代に設計」ゆえの不便さや壊れやすさが欠点としてしばしば描かれ、乗り物の発明道具はキテレツの他にもみよ子(潜地球)やブタゴリラ(超鈍足ジェット機、航時機、熱気球)が簡単に操縦できるほど、操縦しやすいことが多い。基本は『奇天烈大百科』の設計図通りに制作するが、中にはキテレツが独自にデザインや効果をアレンジしたり、現代の部品で応用して制作する発明品もある。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2263283 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 40931 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 139 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59166558 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • キテレツ大百科の発明道具(キテレツだいひゃっかのはつめいどうぐ)では、藤子不二雄(藤子・F・不二雄)による日本の漫画作品『キテレツ大百科』と、その派生作品で同作の主人公キテレツが作成した発明道具を扱う。『キテレツ大百科』は主人公のキテレツが、先祖の残した『奇天烈大百科』(きてれつだいひゃっか)を参考として発明道具を作り、その発明道具によって騒動が起きるというのが基本プロットとなっている。『奇天烈大百科』は目には見えない光を出すインクで書かれており、この光を感知できる眼鏡・神通鏡(じんつうきょう)を通さなければ読むことができない。また、アニメでは神通鏡は通常よりも丈夫なガラスで作られていると語られている(アニメ第171回「キリンにメガネ!? ハシゴローものがたり」)。原作では毎話新しい発明道具が必ず登場し、一度出た道具の再登場はほとんどない。例外は第25話「物置でアフリカへ」に登場した熱気球が第38話「仙鏡水」にも再登場しているのみ。アニメでは、何度も登場する道具がある。また「手作り」「江戸時代に設計」ゆえの不便さや壊れやすさが欠点としてしばしば描かれ、乗り物の発明道具はキテレツの他にもみよ子(潜地球)やブタゴリラ(超鈍足ジェット機、航時機、熱気球)が簡単に操縦できるほど、操縦しやすいことが多い。基本は『奇天烈大百科』の設計図通りに制作するが、中にはキテレツが独自にデザインや効果をアレンジしたり、現代の部品で応用して制作する発明品もある。
rdfs:label
  • キテレツ大百科の発明道具
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of