Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 「キサス・キサス・キサス」(Quizás, quizás, quizás)は、キューバのオスバルド・ファレス (Osvaldo Farrés) 作曲の1947年発表の曲である。題名は「たぶん、たぶん、たぶん」という意味である。歌詞は「自分(男)が恋人の女性にいろいろと問いかけるが、女性はいつも『たぶん』としか答えてくれない」といった内容。作曲者自身によりスペイン語の歌詞が付けられ、スペイン語圏でヒットしたが、ジョー・デイビス (Joe Davis) により英語の歌詞がつけられた。英語では "Perhaps, Perhaps, Perhaps" となっている。1958年にナット・キング・コールが歌い、再度ヒットする。日本では「キサス・キサス」とも言われ、アイ・ジョージの持ち歌として知られているが、色々な歌手に歌われている。『第10回NHK紅白歌合戦』(1959年)で水谷良重がこの歌を歌った。ザ・ピーナッツ版の場合、CDによっては原曲題名通り「キサス・キサス・キサス」としているものもある。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1747797 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 691 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 15 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55309442 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 「キサス・キサス・キサス」(Quizás, quizás, quizás)は、キューバのオスバルド・ファレス (Osvaldo Farrés) 作曲の1947年発表の曲である。題名は「たぶん、たぶん、たぶん」という意味である。歌詞は「自分(男)が恋人の女性にいろいろと問いかけるが、女性はいつも『たぶん』としか答えてくれない」といった内容。作曲者自身によりスペイン語の歌詞が付けられ、スペイン語圏でヒットしたが、ジョー・デイビス (Joe Davis) により英語の歌詞がつけられた。英語では "Perhaps, Perhaps, Perhaps" となっている。1958年にナット・キング・コールが歌い、再度ヒットする。日本では「キサス・キサス」とも言われ、アイ・ジョージの持ち歌として知られているが、色々な歌手に歌われている。『第10回NHK紅白歌合戦』(1959年)で水谷良重がこの歌を歌った。ザ・ピーナッツ版の場合、CDによっては原曲題名通り「キサス・キサス・キサス」としているものもある。
rdfs:label
  • キサス・キサス・キサス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:title of
is foaf:primaryTopic of