Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • キウイフルーツ(英: kiwifruit)は、マタタビ科マタタビ属の雌雄異株の落葉蔓性植物の果実である。また、マタタビ属のActinidia deliciosaを指して特にキウイフルーツとも呼ぶ。1906年にニュージーランドが新しい果樹のキウイフルーツとして、中国原産のActinidia deliciosaやActinidia chinensisの品種改良に成功、1934年頃から商業栽培を開始し、世界各国で食べられるようになった果物である。「キウイフルーツ」という名称は、ニュージーランドからアメリカ合衆国へ輸出されるようになった際、ニュージーランドのシンボルである鳥の「キーウィ (kiwi)」に因んで1959年に命名された(果実と鳥の見た目の類似性から命名された訳ではない)。日本における花期は5月頃。「キーウィーフルーツ」「キーウィフルーツ」「キウィフルーツ」などの表記も使用される。耐寒性があり冬期の最低気温−10℃程度の地域でも栽培が可能である。産地は温帯から亜熱帯で、熱帯果実ではない。最も一般的なヘイワード種(Actinidia deliciosa)の果実は、鶏卵程度の大きさをもつ楕円体で、皮が茶色く毛状の繊維に覆われている。この植物および果実自体もキウイ(またはキーウィー、キーウィ、キウィ)と略して呼ばれる場合がある。マタタビに近縁であることから、幼木や若葉はネコ害を受けることもある。その他のマタタビ属の近縁種も「キウイ」という名称を利用して流通している。例: オニマタタビ(A. chinensis、ゴールドキウイ、ゴールデンキウイ)、サルナシ(A. arguta、ベビーキウイ、ミニキウイ)、シマサルナシ(A. rufa、ミニキウイ)など。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 80581 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 9729 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 108 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57188052 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:alanine
  • 0.053
prop-ja:arginine
  • 0.081
prop-ja:asparticAcid
  • 0.126
prop-ja:betacaroteneUg
  • 52 (xsd:integer)
prop-ja:calciumMg
  • 34 (xsd:integer)
prop-ja:carbs
  • 14.66
prop-ja:cholineMg
  • 7.800000 (xsd:double)
prop-ja:cystine
  • 0.031
prop-ja:fat
  • 0.52
prop-ja:fiber
  • 3.0
prop-ja:folateUg
  • 25 (xsd:integer)
prop-ja:glutamicAcid
  • 0.184
prop-ja:glycine
  • 0.06
prop-ja:histidine
  • 0.027
prop-ja:ironMg
  • 0.310000 (xsd:double)
prop-ja:isoleucine
  • 0.051
prop-ja:kj
  • 255 (xsd:integer)
prop-ja:leucine
  • 0.066
prop-ja:luteinUg
  • 122 (xsd:integer)
prop-ja:lysine
  • 0.061
prop-ja:magnesiumMg
  • 17 (xsd:integer)
prop-ja:manganeseMg
  • 0.098000 (xsd:double)
prop-ja:methionine
  • 0.024
prop-ja:monofat
  • 0.047
prop-ja:name
  • キウイフルーツ
prop-ja:niacinMg
  • 0.341000 (xsd:double)
prop-ja:pantothenicMg
  • 0.183000 (xsd:double)
prop-ja:phenylalanine
  • 0.044
prop-ja:phosphorusMg
  • 34 (xsd:integer)
prop-ja:polyfat
  • 0.287
prop-ja:potassiumMg
  • 312 (xsd:integer)
prop-ja:proline
  • 0.044
prop-ja:protein
  • 1.14
prop-ja:riboflavinMg
  • 0.025000 (xsd:double)
prop-ja:right
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:satfat
  • 0.029
prop-ja:seleniumΜg
  • 0.200000 (xsd:double)
prop-ja:serine
  • 0.053
prop-ja:sodiumMg
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:sourceUsda
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:sugars
  • 8.99
prop-ja:thiaminMg
  • 0.027000 (xsd:double)
prop-ja:threonine
  • 0.047
prop-ja:tryptophan
  • 0.015
prop-ja:tyrosine
  • 0.034
prop-ja:valine
  • 0.057
prop-ja:vitaUg
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:vitb12Ug
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:vitb6Mg
  • 0.063000 (xsd:double)
prop-ja:vitcMg
  • 92.700000 (xsd:double)
prop-ja:vitdIu
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:viteMg
  • 1.460000 (xsd:double)
prop-ja:vitkUg
  • 40.300000 (xsd:double)
prop-ja:water
  • 83.07
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:zincMg
  • 0.140000 (xsd:double)
prop-ja:対象
prop-ja:説明
  • 漢字、記号付き文字
dcterms:subject
rdfs:comment
  • キウイフルーツ(英: kiwifruit)は、マタタビ科マタタビ属の雌雄異株の落葉蔓性植物の果実である。また、マタタビ属のActinidia deliciosaを指して特にキウイフルーツとも呼ぶ。1906年にニュージーランドが新しい果樹のキウイフルーツとして、中国原産のActinidia deliciosaやActinidia chinensisの品種改良に成功、1934年頃から商業栽培を開始し、世界各国で食べられるようになった果物である。「キウイフルーツ」という名称は、ニュージーランドからアメリカ合衆国へ輸出されるようになった際、ニュージーランドのシンボルである鳥の「キーウィ (kiwi)」に因んで1959年に命名された(果実と鳥の見た目の類似性から命名された訳ではない)。日本における花期は5月頃。「キーウィーフルーツ」「キーウィフルーツ」「キウィフルーツ」などの表記も使用される。耐寒性があり冬期の最低気温−10℃程度の地域でも栽培が可能である。産地は温帯から亜熱帯で、熱帯果実ではない。最も一般的なヘイワード種(Actinidia deliciosa)の果実は、鶏卵程度の大きさをもつ楕円体で、皮が茶色く毛状の繊維に覆われている。この植物および果実自体もキウイ(またはキーウィー、キーウィ、キウィ)と略して呼ばれる場合がある。マタタビに近縁であることから、幼木や若葉はネコ害を受けることもある。その他のマタタビ属の近縁種も「キウイ」という名称を利用して流通している。例: オニマタタビ(A.
rdfs:label
  • キウイフルーツ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of