Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ガントレット(英: gauntlet)は、アタリが1985年に発表したファンタジーRPG風のアクション・シューティングゲーム、ならびにそれを第1作とするシューティングゲームのシリーズの総称である。日本では初代をナムコ(後のバンダイナムコエンターテインメント)、レジェンドとダークレガシーをSNKが輸入販売していた。特徴としては「複数のプレイヤーが個別に参加・中断可能であり、その全員が時には協力しつつ、時には足を引っ張り合いつつ、プレイできる」点が上げられる。このアイディアは当時画期的なものであり、アタリは特許としても所有している。ヘルス(ヒットポイント)は敵から受けるダメージと時間経過により減少する。それを食べ物と現実のコイン(クレジット)で補給しつつ先に進んでいく。Xbox 360のXbox Live Arcadeにてダウンロード配信も行われたが、現在は配信終了している。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 741361 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 11307 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 85 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57154840 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ガントレット(英: gauntlet)は、アタリが1985年に発表したファンタジーRPG風のアクション・シューティングゲーム、ならびにそれを第1作とするシューティングゲームのシリーズの総称である。日本では初代をナムコ(後のバンダイナムコエンターテインメント)、レジェンドとダークレガシーをSNKが輸入販売していた。特徴としては「複数のプレイヤーが個別に参加・中断可能であり、その全員が時には協力しつつ、時には足を引っ張り合いつつ、プレイできる」点が上げられる。このアイディアは当時画期的なものであり、アタリは特許としても所有している。ヘルス(ヒットポイント)は敵から受けるダメージと時間経過により減少する。それを食べ物と現実のコイン(クレジット)で補給しつつ先に進んでいく。Xbox 360のXbox Live Arcadeにてダウンロード配信も行われたが、現在は配信終了している。
rdfs:label
  • ガントレット (ゲーム)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of