Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ガンダムF90(ガンダムエフきゅうじゅう:ガンダムフォーミュラナインティ、GUNDAM F90: GUNDAM FORMULA NINETY)は、「ガンダムシリーズ」の宇宙世紀系作品群に登場する架空の有人操縦式ロボット兵器。初出はプラモデル(ガンプラ)企画および漫画でメディアミックス展開されていた『機動戦士ガンダムF90』。人型機動兵器「モビルスーツ」(MS)の1機種。地球連邦軍の試作型ガンダムタイプMSで、『機動戦士ガンダムF91』の主役機「ガンダムF91」の前身にあたる機体。『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』より過去の時代の作品に登場するMSは全高20メートル前後が標準サイズとなっているが、F90は15メートル程度にまで小型化されている。これは、『機動戦士ガンダムΖΖ』で触れられた「MSの恐竜的進化(多機能化による大型化)」による運用面の不備を改善するべく取られた措置で、軽量化や時代経過による技術革新によって大幅な性能向上を達成している。以降は『機動戦士Vガンダム』の時代に至るまで、15メートル級サイズがMSの主流となった。小型化の設定が採用された理由については、「従来のサイズではMSと人間を同一画面内に収めることが難しい」という制作側の事情と、「大型の機体だとガンプラなどの立体商品の価格が高騰する」というメーカー側の事情が関係している。アルファベットにちなんだ多彩なオプション装備を持ち、機体そのもののバリエーションも多い。メカニックデザインは大河原邦男。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 518174 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 27857 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 109 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56323134 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:その他
  • 24000.0
  • ウェポンラック×1
  • ハードポイント×10
  • ハードポイント×11
  • 最大潜行速度:90Kt
prop-ja:全備重量
  • 80.3
  • 27.2
  • 32.5
  • 21.3
  • 22.5
  • 25.2
  • 17.8
  • 26.5
  • 18.4
  • 21.5
  • 20.22
  • 20.8
  • 21.1
  • ?t
prop-ja:出力
  • 3880.0
  • 3160.0
  • 4150.0
  • 4290.0
  • 4420.0
  • 4550.0
prop-ja:名称
  • ガンダムF90電子戦(早期警戒・索敵)仕様
  • ガンダムF90IIインターセプトタイプ 木星決戦仕様
  • ガンダムF90
  • ガンダムF90 A,D,Sタイプ混合装着
  • ガンダムF90II
  • ガンダムF90IIロングレンジタイプ
  • ガンダムF90Iインターセプトタイプ
  • ガンダムF90アサルトタイプ
  • ガンダムF90サポートタイプ
  • ガンダムF90デストロイドタイプ
  • ガンダムF90プランジタイプ
  • ガンダムF90ホバータイプ
  • ガンダムF90マリンタイプ
  • ガンダムF90ヴェスバータイプ
  • ガンダムF90火星独立ジオン軍仕様
  • クラスターガンダム
prop-ja:型式番号
  • F90
  • F90 , F90I
  • F90-I,
  • F90A, F90IA
  • F90D,
  • F90E,
  • F90H,
  • F90II , F90II-B
  • F90II I,,F90-I,
  • F90IIIY , F90Y
  • F90IIL,,F90L
  • F90M,
  • F90P,
  • F90S,
  • F90V
  • OMS-90R
prop-ja:建造
prop-ja:所属
  • 地球連邦軍
  • オールズモビル(火星独立ジオン軍)
prop-ja:推力
  • 5120 (xsd:integer)
  • 5260 (xsd:integer)
  • 7400 (xsd:integer)
  • 7450 (xsd:integer)
  • 9870 (xsd:integer)
  • 10480 (xsd:integer)
  • 11350 (xsd:integer)
  • 12320 (xsd:integer)
  • 13980 (xsd:integer)
  • 16010 (xsd:integer)
  • 16510 (xsd:integer)
  • 22560 (xsd:integer)
  • 27510 (xsd:integer)
  • 27840 (xsd:integer)
  • 30610 (xsd:integer)
  • 47710 (xsd:integer)
  • 推力重量比
  • ノーマルバックパック時:27,510kg×2 (本体)、9,870kg×2 (本体)
  • ハイドロジェット用バックパック時:66,540kg
  • 合計109,980kg
  • 合計122,470kg
  • 合計140,800kg
  • 合計184,800kg
  • 合計188,080kg
  • 合計197,960kg
  • 合計66,540kg
  • 合計74,760kg
  • 合計80,960kg
  • 合計95,850kg
  • (総推力)合計120,760kg
prop-ja:推進機関
  • 51 (xsd:integer)
  • アポジモーター×58(本体)+5(フライトシールド部)
  • アポジモーター×46
  • アポジモーター×51(本体)+10
  • アポジモーター×51(本体)+14
  • アポジモーター×51(本体)+2
  • アポジモーター×51(本体)+6
  • アポジモーター×58(本体)
  • アポジモーター×62
  • アポジモーター×66
prop-ja:搭乗者
prop-ja:武装
  • 2 (xsd:integer)
  • 3 (xsd:integer)
  • 4 (xsd:integer)
  • 5 (xsd:integer)
  • 6 (xsd:integer)
  • シールド
  • ビームサーベル×2
  • ビームライフル
  • シールド×1
  • バルカン砲×2
  • ビームサーベル×1
  • マシンキャノン×2
  • ビームキャノン×2
  • ビームキャノン×1
  • ビームシールド×1
  • ビームランサー×1
  • ヴェスバー×2
  • ショットランサー兼ビームライフル×1
  • MSクラッカー×2
  • マシンキャノン×2(フライトシールド部)
  • クルージングミサイル×2
  • コンバットナイフ×1
  • サーモスコープ×1
  • バルカン砲×2(本体)
  • ビームサーベル×2(本体)
  • ビームバルカン×2
  • ビームピストル×1
  • ビームライフル×1
  • ビームライフル(本体)
  • ホーミングトーピドー×4
  • マシンガン(ウェポンラック)×1
  • メガガトリングガン×1
  • メガビームキャノン×2
  • メガビームバズーカ×1
  • メガビームバズーカ×2
  • ロングレンジライフル×1
  • 他不明
  • 各種ミッションパック
  • 対MS用グレネード×4
  • 小型核ミサイル
  • 精密照準用複合センサー×1
  • 連装ミサイルランチャー×2
prop-ja:生産形態
  • 試作機
  • 改造機
  • 装備換装型試作機
prop-ja:装甲
  • ガンダリウム合金セラミック複合材
prop-ja:重量
  • 8.9
  • 9.5
  • 7.5
  • 7.7
  • 8.2
  • 11.3
  • 9.7
  • 8.7
  • 9.8
  • 8.6
  • 10.7
  • 11.5
prop-ja:頭頂高
  • 15.0m
  • 15.2m
  • 14.8m
  • 15.1m
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ガンダムF90(ガンダムエフきゅうじゅう:ガンダムフォーミュラナインティ、GUNDAM F90: GUNDAM FORMULA NINETY)は、「ガンダムシリーズ」の宇宙世紀系作品群に登場する架空の有人操縦式ロボット兵器。初出はプラモデル(ガンプラ)企画および漫画でメディアミックス展開されていた『機動戦士ガンダムF90』。人型機動兵器「モビルスーツ」(MS)の1機種。地球連邦軍の試作型ガンダムタイプMSで、『機動戦士ガンダムF91』の主役機「ガンダムF91」の前身にあたる機体。『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』より過去の時代の作品に登場するMSは全高20メートル前後が標準サイズとなっているが、F90は15メートル程度にまで小型化されている。これは、『機動戦士ガンダムΖΖ』で触れられた「MSの恐竜的進化(多機能化による大型化)」による運用面の不備を改善するべく取られた措置で、軽量化や時代経過による技術革新によって大幅な性能向上を達成している。以降は『機動戦士Vガンダム』の時代に至るまで、15メートル級サイズがMSの主流となった。小型化の設定が採用された理由については、「従来のサイズではMSと人間を同一画面内に収めることが難しい」という制作側の事情と、「大型の機体だとガンプラなどの立体商品の価格が高騰する」というメーカー側の事情が関係している。アルファベットにちなんだ多彩なオプション装備を持ち、機体そのもののバリエーションも多い。メカニックデザインは大河原邦男。
rdfs:label
  • ガンダムF90 (架空の兵器)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of