Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ガンコウラン科(Empetraceae)は双子葉植物の科。北半球の寒帯と高山、および南米のアンデス山脈・フォークランド諸島に分布する常緑小低木からなる。3属、10から20種に分類される。日本ではガンコウランただ1種が本州の高山と北海道に自生する。葉は小型でらせん状につく。花は両性または単性。多くは3数性で、花弁とがくがあり、雄蕊は2または3個。子房は上位で2から9室に分かれる。果実は核果で各室に1個の核を含む。APG植物分類体系ではツツジ科に含めており、ツツジ亜科の系統に属するとされている。
dbpedia-owl:binomial
dbpedia-owl:class
dbpedia-owl:colourName
  • lightgreen
dbpedia-owl:division
dbpedia-owl:family
dbpedia-owl:kingdom
dbpedia-owl:order
dbpedia-owl:phylum
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1352482 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 960 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 35 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 49764775 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:下位分類
  • *Ceratiola *Corema *ガンコウラン属 Empetrum
prop-ja:下位分類名
prop-ja:亜綱
prop-ja:名称
  • ガンコウラン科
prop-ja:学名
  • Empetraceae
  • S.F. Gray
prop-ja:画像
  • 280 (xsd:integer)
prop-ja:画像キャプション
prop-ja:
prop-ja:
prop-ja:
prop-ja:
prop-ja:
  • lightgreen
prop-ja:
dc:description
  • ガンコウラン
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ガンコウラン科(Empetraceae)は双子葉植物の科。北半球の寒帯と高山、および南米のアンデス山脈・フォークランド諸島に分布する常緑小低木からなる。3属、10から20種に分類される。日本ではガンコウランただ1種が本州の高山と北海道に自生する。葉は小型でらせん状につく。花は両性または単性。多くは3数性で、花弁とがくがあり、雄蕊は2または3個。子房は上位で2から9室に分かれる。果実は核果で各室に1個の核を含む。APG植物分類体系ではツツジ科に含めており、ツツジ亜科の系統に属するとされている。
rdfs:label
  • ガンコウラン科
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ガンコウラン科
is dbpedia-owl:family of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja: of
is foaf:primaryTopic of