Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ガングリオシド(Ganglioside)とは、糖鎖上に1つ以上のシアル酸(N-アセチルノイラミン酸:略称 NANA、Neu5Ac)を結合しているスフィンゴ糖脂質の一種である。現在40種類以上が発見されており、それぞれN-アセチルノイラミン酸の数と位置が異なっている。ガングリオシドは細胞膜表面の脂質ラフトに集中して存在し、細胞のシグナル伝達を調節している。また、免疫学的に重要な働きをしていることがわかっている。かつて、天然、もしくは半合成のガングリオシドは神経変性疾患の治療に役立つ可能性が指摘されていた。しかし、現在では、ガングリオシド注射の副作用によって神経変性が誘発される危険性が指摘されているインフルエンザウイルスのヘマグルチニンは、特定のガングリオシドと結合することで細胞に感染する。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1315902 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3439 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 31 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 52020104 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ガングリオシド(Ganglioside)とは、糖鎖上に1つ以上のシアル酸(N-アセチルノイラミン酸:略称 NANA、Neu5Ac)を結合しているスフィンゴ糖脂質の一種である。現在40種類以上が発見されており、それぞれN-アセチルノイラミン酸の数と位置が異なっている。ガングリオシドは細胞膜表面の脂質ラフトに集中して存在し、細胞のシグナル伝達を調節している。また、免疫学的に重要な働きをしていることがわかっている。かつて、天然、もしくは半合成のガングリオシドは神経変性疾患の治療に役立つ可能性が指摘されていた。しかし、現在では、ガングリオシド注射の副作用によって神経変性が誘発される危険性が指摘されているインフルエンザウイルスのヘマグルチニンは、特定のガングリオシドと結合することで細胞に感染する。
rdfs:label
  • ガングリオシド
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of