Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ガルシア6世(García VI, ? - 1150年11月21日)はナバラ王(在位:1134年 - 1150年)。ガルシア・ラミレス(García Ramírez)とも、またヒメノ家のナバラ王では同名の王の4人目であるためガルシア4世とも呼ばれる。アラゴン王サンチョ1世による併合以来58年にわたり、アラゴンとナバラは同君連合となっていたが、ガルシア6世からは再びナバラは単独の王を戴くことになった。12世紀初めの生まれ(生年不明)。父ラミロ・サンチェスはガルシア5世の庶子でサンチョ4世の異母兄弟であるサンチョ・ガルセスの子。母クリスティーナ・ロドリゲスはエル・シッドことロドリーゴ・ディアスの娘。1130年にマルガリータ・デ・ライグレと結婚し、サンチョ6世、ブランカ(カスティーリャ王サンチョ3世と結婚)、マルガリータ(シチリア王グリエルモ1世と結婚)をもうけた。のち、1144年にカスティーリャ王アルフォンソ7世の庶子ウラカと再婚した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1044350 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 871 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 25 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47596181 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ガルシア6世(García VI, ? - 1150年11月21日)はナバラ王(在位:1134年 - 1150年)。ガルシア・ラミレス(García Ramírez)とも、またヒメノ家のナバラ王では同名の王の4人目であるためガルシア4世とも呼ばれる。アラゴン王サンチョ1世による併合以来58年にわたり、アラゴンとナバラは同君連合となっていたが、ガルシア6世からは再びナバラは単独の王を戴くことになった。12世紀初めの生まれ(生年不明)。父ラミロ・サンチェスはガルシア5世の庶子でサンチョ4世の異母兄弟であるサンチョ・ガルセスの子。母クリスティーナ・ロドリゲスはエル・シッドことロドリーゴ・ディアスの娘。1130年にマルガリータ・デ・ライグレと結婚し、サンチョ6世、ブランカ(カスティーリャ王サンチョ3世と結婚)、マルガリータ(シチリア王グリエルモ1世と結婚)をもうけた。のち、1144年にカスティーリャ王アルフォンソ7世の庶子ウラカと再婚した。
rdfs:label
  • ガルシア6世 (ナバラ王)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of