Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『ガリレオ』は、東野圭吾の連作推理小説『ガリレオシリーズ』を原作とし、フジテレビによって製作された日本の実写映像化作品シリーズ。主演は福山雅治。第1作となった連続テレビドラマは、2007年10月15日から12月17日まで毎週月曜日21:00 - 21:54に、フジテレビ系列の「月9」枠で放送された。2008年10月4日にはテレビドラマの劇場版として『容疑者Xの献身』が公開されたほか、2013年6月29日に映画第2弾『真夏の方程式』が公開された。また2013年4月15日から6月24日まで、「月9」枠でテレビドラマの第2シリーズが放送された。フジテレビ月曜21時台のドラマ作品で続編が同一時間帯で放送された作品の中で番組タイトルが正編・続編とも同一である作品は『新・座頭市』以来となる。
dbpedia-owl:channel
dbpedia-owl:country
dbpedia-owl:endingTheme
dbpedia-owl:genre
dbpedia-owl:producer
dbpedia-owl:starring
dbpedia-owl:storyEditor
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1584874 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 55982 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 649 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59178049 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:2前番組
prop-ja:2次番組
prop-ja:2番組名
  • ガリレオ(第2シーズン)
  • (2013.4.15 - 2013.6.24)
prop-ja:edテーマ
prop-ja:opテーマ
  • 福山雅治「vs. 〜知覚と快楽の螺旋〜」
  • 福山雅治「vs.2013 〜知覚と快楽の螺旋〜」
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ジャンル
prop-ja:データ放送
  • 連動データ放送
prop-ja:プロデューサー
prop-ja:備考
prop-ja:備考1のスタイル
  • text-align:center;
prop-ja:備考2のスタイル
  • text-align:center;
prop-ja:備考3のスタイル
  • text-align:center;
prop-ja:備考4のスタイル
  • text-align:center;
prop-ja:出演者
prop-ja:制作局
prop-ja:前番組
prop-ja:副題
  • 華麗なる美女たちとガリレオ誕生の秘密!
  • 夜空に舞う花火の下で殺人劇場の幕が開く…
  • 帰ってきた変人! 第1話は物理学対念力!!
  • OL殺人と空を飛ぶ少年の謎!
  • vs女性科学者!! 空白の20分の殺人術
  • vs狂気の女優!
  • 実に、実に、面白い! さよなら!湯川先生
  • 「殺人犯移送の裏に隠された危険な罠と連続殺人!!」
  • ガリレオΦ 青い海の超密室殺人!!
  • シナリオ題
  • 壁を抜ける!? 天狗伝説殺人事件!
  • 変人天才科学者
  • 姿なき侵入者と魔球の謎! 遠隔放火
  • 復讐する亡霊社内連続怪死事件!
  • 悪魔が仕掛けた連続殺人
  • 愛という名の完全犯罪!!
  • 最終章・聖女の救済-前編-
  • 未来の恋と二人きりの長い夜
  • 死を呼ぶ水晶振り子! 変人vs美少女
  • 殺人事件を知らせた姉の幽霊!
  • 消えた夫と幽霊の棲む黒い家!
  • 火の玉の謎と完全なる密室殺人
  • 狙われた湯川!! 悪魔の手の恐怖実験
  • 美しき天才殺人者の危険な誘惑
  • 美しき妻の愛した恐怖の殺人装置
  • 聖夜にKISSして!
  • 距離200キロの目撃者! 双子の神秘
  • 遂に最終回! 聖女の救済-後編-
  • シリーズ出演者が豪華総登場の完全新作SP
prop-ja:原作
  • dbpedia-ja:ガリレオシリーズ
  • dbpedia-ja:東野圭吾
  • 第1シーズン
  • 第2シーズン
  • 『ガリレオの苦悩』『聖女の救済』『虚像の道化師 ガリレオ7』『禁断の魔術 ガリレオ8』
  • 『ガリレオの苦悩』
  • 『探偵ガリレオ』『予知夢』
  • ガリレオΦ
prop-ja:外部リンク
prop-ja:外部リンク名
  • フジテレビ番組基本情報
prop-ja:字幕
  • 文字多重放送
prop-ja:放送分
  • 54 (xsd:integer)
  • 130 (xsd:integer)
prop-ja:放送回数
  • 1 (xsd:integer)
  • 2 (xsd:integer)
  • 10 (xsd:integer)
  • 11 (xsd:integer)
prop-ja:放送局
prop-ja:放送日
  • --04-15
  • --04-22
  • --04-29
  • --05-06
  • --05-13
  • --05-20
  • --05-27
  • --06-03
  • --06-10
  • --06-17
  • --06-22
  • --06-24
  • --10-04
  • --10-15
  • --10-22
  • --10-29
  • --11-05
  • --11-12
  • --11-19
  • --11-26
  • --12-03
  • --12-10
  • --12-17
  • --12-28
  • 放送日
prop-ja:放送時間
  • 21 (xsd:integer)
  • 月曜21:00 - 21:54
prop-ja:放送期間
  • --04-15
  • --06-22
  • --10-04
  • --10-15
  • --12-28
prop-ja:放送枠
prop-ja:概要
  • 自宅のプールで死亡している女性が発見された。死因は心臓麻痺だったが、なぜか胸に痣ができており、その部分の皮膚は壊死していた。この痣に疑問を持った内海は例のごとく湯川に協力を求めるが、「物理学の範疇ではない」と一蹴されてしまう。困った彼女は、事情聴取で訪れた「四谷工科大学」で田上昇一という男と出会い、調査協力を求めると同時に親しくなっていく。一方、一度は内海の依頼を断った湯川も、ひょんなことから田上への疑念を抱き、痣を残した心臓麻痺の謎に挑む。
  • 栗林の友人である菅原の浮気相手が、菅原の向かいのマンションで首吊り自殺する。それから半年後、妻とは離婚させられ、多額の慰謝料を支払った菅原から、事件の一週間前にも同じ自殺シーンを見たと聞かされた栗林は、湯川と内海に相談を持ちかける。湯川は、予知さながらの出来事に興味を持ち、解明に乗り出す。
  • 宗教法人クアイの会の教祖・連崎が信者に指一本触れずに念を送り、蒲田の雑居ビルから転落死させる事件を起こした。アメリカに研修のため旅立つ内海は、草薙の指示通り、自分の後任として岸谷美砂を湯川に紹介する。内海と岸谷から連崎の「送念」と呼ばれる行為について説明を受けた湯川は、岸谷とともにクアイの会の教団施設を訪れ、連崎と面会する。
  • 海辺近くの友永家で、離れが突如炎上。焼け跡からそこに住んでいた息子・邦宏の遺体が見つかる。当初は焼死と見られたが、刀のような刃物で刺されていたことが判明する。しかし離れには何者かが侵入した痕跡はなく、捜査に当たった草薙は専門家に意見を聴くため、母校の帝都大学を訪れる。その帰り際、大学の掲示板に学生時代の友人と同じ名前の助教授(湯川学)の名を見かけた草薙は、湯川の研究室に足を運ぶ。草薙は学生時代に殺人容疑を掛けられ、窮地を湯川に救われた経験があり、再会した湯川に捜査協力を依頼する。草薙から聞かされた事件に全く興味を示さない湯川だったが、「現場近くのビーチには水着姿の女性がいる」と草薙から唆され、助手の栗林を連れて現場に向かうことになる。
  • アンティークショップ経営の女性・磯谷若菜が何者かに襲われ、昏睡状態に陥る事件が発生。襲われたと同時に、双子の妹・三上春菜が姉の危険を察知して夫の知宏に電話を掛ける。岸谷から事件の話を聞いた湯川は、双子の間に説明のつかないコミュニケーション能力があるのは良く聞くが、あくまでも偶然と思い込みであると理論的に説明がつくと話す。しかし、そんな湯川の元に岸谷が連れてきた何組もの双子が現れ、不思議な能力について次々と証言するが、湯川はそれも偶然の一致だと返し、なぜそこまで双子にこだわるのかと岸谷に問いかける。すると岸谷は、若菜が襲われた瞬間、長野に住む春菜が犯人の顔を見たのだと告げる。
  • 人気劇団の代表、駒田良介が自宅で刺殺される。遺体が発見されたのは午後7時50分。その20分ほど前に駒田は劇団の看板女優・神原敦子と衣装係・安部に電話を掛けていたが、一言も発さなかった。電話から駒田の異変を感じた二人は彼のマンションを訪れ、神原が持っていた合鍵を使い部屋に入り、遺体を発見した。部屋は密室だった。その後の調査で駒田と神原が恋人の関係にあったことを知った岸谷は、神原に疑いの目を向け、湯川の元に協力を仰ぐ。湯川は神原のアリバイを崩すある方法を証明する。
  • プロ野球選手の柳沢忠正の妻・妙子の民家でストーブが着火し、妙子が死体で発見される。忠正の事情聴取をした岸谷は夫婦仲がしっくりいっていなかったことを知り、忠正に疑いの目を向ける。しかし、妙子が亡くなった時間、忠正には練習パートナーの宗田祐輔と、科学実験のアドバイザーと一緒に投球練習をしていたアリバイがあり、そのアドバイザーが湯川だった。事件の影響で動揺し、練習に集中できない忠正のため、湯川は事件の解明に乗り出す。その後妙子の死は事故によるものと判明するが、疑念を拭いきれない忠正は、更なる調査を湯川に依頼する。
  • 深夜、公園にたむろしていた若者達の一人が、突然頭部から発火し死に至る人体発火事件が起こる。事件を担当する新米刑事の内海は、尊敬する先輩草薙の助言から帝都大学理工学部物理学科の准教授・湯川学に人体発火の原因解明を依頼する。しかし、湯川は「変人ガリレオ」と呼ばれるほどの変わり者であった。
  • ある休日、岸谷はSNSを通じて知った山歩きのイベントに参加する。岸谷の次にペンションに到着した有名企業の研究者、篠田真希は、一通りの挨拶を済ませると「疲れているから」と言って部屋に籠り、夕食時も姿を現さなかった。心配した岸谷と、後から到着したこのイベントの企画者であり、篠田の上司でもある研究者・野木祐子が部屋を訪ねるが、部屋は施錠されており返事は無かった。それからしばらく時が経ってから、篠田がベランダから出て行った痕跡をペンションのオーナーが発見し、翌朝、篠田の遺体が渓流で見つかる。岸谷は、野木は事件が発覚する直前に岸谷たちの前からしばらく姿を消していたことと、野木の次に湯船につかった岸谷の身体に二番風呂では現れないはずの過飽和現象が現れた事から、野木による犯行ではないかと疑問を抱く。岸谷から話を聞いた湯川は、その科学的な理由と野木の美貌に興味を抱き、事件現場を訪れる。
  • 料理教室の経営者・前田美鈴が200か所以上を刺された遺体となって発見された。容疑者とされた男はビルの窓から外に出ようとして、誤って転落死してしまう。被害者がストーカー被害に遭っていたことから警察はストーカー殺人との見方を強めるが、事件現場から30km離れた被害者の自宅にいた被害者の妹・千晶は、犯行時刻に窓越しに姉の姿を目撃していた。千晶の証言が気になった内海は、霊視かテレポーテーションのような不可思議な現象について湯川に相談する。興味を持ち調査に乗り出す湯川だが、30km離れた場所へ短時間で移動する方法の解明に行き詰まってしまう。
  • 刑事課に赴任して5年、内海は湯川との関係を続け捜査に当たっていたが、年齢が30を超えた為将来についてしばしば悩むようになっていた。上司の間宮からはアメリカ研修を勧められ、一層悩みは深まるばかり。そんなある日、車いすに乗った派手な身なりの老婆を見て不審に思った内海は職務質問をするが、その途端老婆が倒れる。その女性・岩見芙美はすでに亡くなっており、車いすを押していた男・上念は彼女の娘・千加子を殺害した罪で指名手配されていた為そのまま逮捕。逮捕のきっかけを作った内海は事件の捜査に当たる為長野県警に派遣され、若手職員・当摩と組んで事件捜査に当たることとなる。しかしこの事件の裏には上念、そして長野県警の闇があった…。
  • 夜勤明けに湯川から呼び出された内海は、神崎弥生から行方不明の夫の捜索を依頼される。弥生は夫が懇意にしていた高野ヒデ宅が最後に訪れた場所と断定し、夫が行方不明になった日に他界した高野ヒデに代わって現在高野家に住む甥夫婦と不審な男女が夫の失踪に関係していると主張する。そして半ば強引に内海を連れて無人の高野家に侵入した弥生は、内海と共にポルターガイスト現象に遭遇する。
  • ある中学の文化祭に防犯講習で訪れた内海と弓削は、「ゾンビのデスマスク」と名づけられた展示品を目にする。精巧に作られたこの展示品は、生徒が池から拾い上げたアルミ板を元に作った物だったが、行方不明中の藤川雄一にそっくりだった。後日、その池から藤川の遺体が発見される。まるで遺体から転写して作られたような精巧な顔型の謎を追う湯川と内海は、城ノ内から藤川が放射線被曝を受けていたことを知らされる。さらに栃木県警から龍仁湖で起きた原因不明の爆破事件の捜査協力を受けた本庁の草薙からも、事件の被害者が放射線被曝を受けていたことを知る。この被害者が藤川と同じ会社に勤務していたことから、事件の背後にかつての恩師・木島征志郎の存在を感じた湯川は木島との全面対決に挑む。
  • 岸谷は大学のサークルの先輩だったデータ復旧会社・ペンマックスの従業員・白井冴子の葬儀に参列していた。その場で、社長・早見は死んだはずの彼女の声が聴こえたことで発狂し、投身自殺する。現場を目撃して違和感を覚えた岸谷は太田川とペンマックス社を訪ねるが、その場において冴子の上司である加山が彼女の声を聴いたことで錯乱、止めに入った岸谷の臀部を刺してしまう事態になってしまう。この模様を電話で聞いていた湯川は声が聴こえる原因に興味を持ち、岸谷と捜査を始める。同じ頃に、冴子の部下だった脇坂睦美は謎の耳鳴りに悩まされるようになる。
  • 女子高校生の寝室に男が侵入し、発見され負傷しながら逃走するという事件が発生する。容疑者は坂木八郎、内海の幼馴染だった。この為捜査から外された内海は、湯川の協力を得ながら独自に捜査を始める。だが捜査を進めるうちに湯川と内海は坂木がまだ生まれていない「森崎礼美」と結婚する予言をしたとしか思えない事実に直面する。
  • 湯川は栗林とゼミ生の遠野みさきを伴い、学会に出席していた。その帰り、湯川と栗林はみさきに誘われ、彼女の地元の神社にある「天狗のミイラ」を見に行く。しかし神社に着くとミイラのある祠には入ることができず、地元の警官でみさきの幼馴染である合田武彦が現れる。実は神社の神主が「烏天狗がミイラを取り返しにくる」と語り、祠をコンクリートで固めてしまったのだ。しかも神主は2週間前に祠で白骨死体として見つかっていた。みさきは事件を調査してもらうために湯川を神社に連れて来たのだった。するとそこに、一人のずぶ濡れになった若い女性・小島結衣が現れる。彼女はみさきと合田の幼馴染で、神社に着く前、急なにわか雨に降られた湯川に傘を貸した女性だった。
  • OL絞殺事件の容疑者として、保険外交員の栗田が逮捕される。事件当日のアリバイを主張する栗田であったが、立証する人物がいないために警察の厳しい追及を受ける事となる。ところが、ある少年が部屋から栗田の主張するアリバイ通りに車を見たと証言する。しかし少年の部屋と目撃した車の間には工場があり、直接見ることは不可能であった。警察が少年の証言を無視する中、マスコミが幽体離脱現象として騒ぎ始める。
  • 貝塚北署と湯川の元に、「悪魔の手」と名乗る人物から犯行声明文が届く。警察に対しては犯行予告、湯川に対しては宣戦布告を仄めかす内容だった。その文面の通り、不審な事故死が二件相次ぎ、どちらも前日に犯行予告と思しき書き込みがWebサイト上にあった。同時期、週刊誌に湯川が警察に協力しているという内容の記事が掲載されていた。また、「悪魔の手」からマスコミに捜査状況を伝えて欲しいといった内容の文面が届くが、警察は犯人の挑発には乗るわけにはいかず暫く放置していたが、痺れを切らした「悪魔の手」は詳細な事件概要をリークする犯行声明文をマスコミ向けに送りつけた。そのことによって、「悪魔の手」による一連の事件の存在が明るみになってしまう。
  • 一人暮らしの老婦人・野平みつ子が何者かに殺害された。その後彼女の飼い犬のクリが死骸となって数百メートル離れた場所で発見されるが、発見者の高校生・真瀬加奈子はダウジングを使ってクリを発見していた。報告書をまとめることとなった岸谷は被害者の遺体発見の経緯を論理的に説明出来ず、困り果て湯川のもとを訪れる。ダウジングに興味を持った湯川は岸谷と捜査にあたる。
  • 会社経営者の真柴義之が自宅で殺害されているのが見つかった。彼が飲んだコーヒーからヒ素が検出された事から、警察は計画殺人による毒殺と断定。彼の妻・綾音は湯川の中学時代の同級生であった。綾音は義之が殺害される直前に彼から離婚を切り出されており、岸谷に疑いをかけられるが、事件当日は北海道に里帰りしていたアリバイがあった。岸谷からの依頼もあり、湯川は20数年ぶりに綾音と再会。湯川は綾音が勤める幼児教室で科学の講師を買って出る。
  • とあるホテルの一室で、皮膚が擦り切れるまで絞められた絞殺死体が発見される。警察は被害者に多数の保険金が掛かっていたため妻に疑惑の目を向けるが、現場は密室状態であり、妻には完全なアリバイがあった。行き詰まった捜査の中、警察は無視したが犯行が行われたと思われる時間帯に火の玉が目撃されており、内海は突破口を求めて湯川に火の玉の謎解明を求める。
prop-ja:次番組
prop-ja:演出
prop-ja:特記事項
  • --06-29
  • --10-04
  • 第2シーズン第一章・最終章 後編は30分拡大(21:00 - 22:24)
  • 第1シーズン第一章・最終章、第2シーズン第七章・第八章は15分拡大(21:00 - 22:09)
  • 劇場版映画:
prop-ja:番組名
  • 第1シーズン
  • 第2シーズン
  • ガリレオ
  • (2007.10.15 - 2007.12.17)
  • ガリレオXX 内海薫最後の事件 愚弄ぶ
  • ガリレオΦ(エピソードゼロ)
  • ガリレオ(第1シーズン)
prop-ja:脚本
prop-ja:話数
  • 1 (xsd:integer)
  • 話数
  • (特別編)
  • 最終章
  • 第0章
  • 第一章
  • 第七章
  • 第三章
  • 第九章
  • 第二章
  • 第五章
  • 第八章
  • 第六章
  • 第四章
prop-ja:音声
  • ステレオ放送
prop-ja:題名
  • エピソードタイトル
  • ガリレオXX 内海薫最後の事件 愚弄(もてあそ)ぶ
  • 予知(し)る
  • 偽装(よそお)う
  • 原作タイトル
  • 壊死(くさ)る
  • 夢想(ゆめみ)る
  • 密室(とじ)る
  • 幻惑(まどわ)す
  • 心聴(きこえ)る
  • 念波(おく)る
  • 指標(しめ)す
  • 攪乱(みだ)す
  • 曲球(まが)る
  • 演技(えんじ)る
  • 燃(も)える
  • 絞殺(しめ)る
  • 聖女の救済 前編
  • 聖女の救済 後編
  • 落下(おち)る / 操縦(あやつ)る
  • 転写(うつ)る / 爆(は)ぜる
  • 離脱(ぬけ)る
  • 霊視(みえ)る
  • 騒霊(さわ)ぐ
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『ガリレオ』は、東野圭吾の連作推理小説『ガリレオシリーズ』を原作とし、フジテレビによって製作された日本の実写映像化作品シリーズ。主演は福山雅治。第1作となった連続テレビドラマは、2007年10月15日から12月17日まで毎週月曜日21:00 - 21:54に、フジテレビ系列の「月9」枠で放送された。2008年10月4日にはテレビドラマの劇場版として『容疑者Xの献身』が公開されたほか、2013年6月29日に映画第2弾『真夏の方程式』が公開された。また2013年4月15日から6月24日まで、「月9」枠でテレビドラマの第2シリーズが放送された。フジテレビ月曜21時台のドラマ作品で続編が同一時間帯で放送された作品の中で番組タイトルが正編・続編とも同一である作品は『新・座頭市』以来となる。
rdfs:label
  • ガリレオ (テレビドラマ)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 第1シーズン
  • ガリレオ
is dbpedia-owl:notableWork of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:episodeList of
is prop-ja:series of
is prop-ja:前番組 of
is foaf:primaryTopic of