Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ガリッサ大学襲撃事件とは、2015年4月2日、銃で武装したグループがケニア・ガリッサのガリッサ大学に押し入り、147人を殺害、79人以上を負傷させた事件である。襲撃は、犯人らの主張によればアルカーイダ分派の武装グループアルシャバブによって行われた。襲撃犯は700人以上の学生を人質に取り、イスラム教徒を解放する一方キリスト教徒とみなした者を殺害した。襲撃は、4人の襲撃犯が殺害されたことでその日のうちに終結した。後に五人の男が襲撃に関連して逮捕され、首謀者とみなされたものの逮捕に賞金がかけられた。襲撃はケニアにおいてアメリカ大使館爆破事件以来最も被害の大きいものであり、2002年のモンバサ襲撃事件、2013年のケニアショッピングモール襲撃事件、2014年のナイロビバス爆破事件、ギコマ爆破事件、ムペケトニ襲撃事件、ラム襲撃事件を凌いで史上2番目に悲惨な事件となった。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3260530 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 13785 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 54 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58239350 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2015-04-02 (xsd:date)
prop-ja:fatalities
  • 152 (xsd:integer)
prop-ja:injuries
  • 79 (xsd:integer)
prop-ja:location
  • ガリッサ
prop-ja:target
  • 非イスラム教徒の学生
prop-ja:time
  • 330.0
prop-ja:timezone
  • 180.0
prop-ja:title
  • ガリッサ大学襲撃事件
prop-ja:type
  • 人質、銃の乱射
prop-ja:weapons
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
georss:point
  • -0.449019 39.661925
rdf:type
rdfs:comment
  • ガリッサ大学襲撃事件とは、2015年4月2日、銃で武装したグループがケニア・ガリッサのガリッサ大学に押し入り、147人を殺害、79人以上を負傷させた事件である。襲撃は、犯人らの主張によればアルカーイダ分派の武装グループアルシャバブによって行われた。襲撃犯は700人以上の学生を人質に取り、イスラム教徒を解放する一方キリスト教徒とみなした者を殺害した。襲撃は、4人の襲撃犯が殺害されたことでその日のうちに終結した。後に五人の男が襲撃に関連して逮捕され、首謀者とみなされたものの逮捕に賞金がかけられた。襲撃はケニアにおいてアメリカ大使館爆破事件以来最も被害の大きいものであり、2002年のモンバサ襲撃事件、2013年のケニアショッピングモール襲撃事件、2014年のナイロビバス爆破事件、ギコマ爆破事件、ムペケトニ襲撃事件、ラム襲撃事件を凌いで史上2番目に悲惨な事件となった。
rdfs:label
  • ガリッサ大学襲撃事件
owl:sameAs
geo:lat
  • -0.449019 (xsd:float)
geo:long
  • 39.661926 (xsd:float)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of