Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ガリア・ルグドゥネンシス(ラテン語: Gallia Lugdunensis)は、ローマ帝国の属州のひとつ。現在のフランス東部に相当する。ガリアのケルト人居住区にあった。皇帝属州であり、皇帝の管轄に入る。「ルグドゥネンシス」とはこの地方の首都ルグドゥヌム(現在のリヨン)から取っており、当時では、恐らく重要な都市であったと思われる。本来の境界線はセーヌ川とマルヌ川の間であり、ここを挟んで北東側がガリア・ベルギカ、ガロンヌ川を挟んでガリア・アクィタニアと接している。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 911608 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1469 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 30 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 49580794 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ガリア・ルグドゥネンシス(ラテン語: Gallia Lugdunensis)は、ローマ帝国の属州のひとつ。現在のフランス東部に相当する。ガリアのケルト人居住区にあった。皇帝属州であり、皇帝の管轄に入る。「ルグドゥネンシス」とはこの地方の首都ルグドゥヌム(現在のリヨン)から取っており、当時では、恐らく重要な都市であったと思われる。本来の境界線はセーヌ川とマルヌ川の間であり、ここを挟んで北東側がガリア・ベルギカ、ガロンヌ川を挟んでガリア・アクィタニアと接している。
rdfs:label
  • ガリア・ルグドゥネンシス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of