Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ガランタミン (ニバリン、ラザダイン、レミニール、リコレミン)は軽-中度のアルツハイマー病や様々な記憶障害の治療に用いられる薬剤である。特に脳血管障害を原因とするものに有効。Galanthus属-スノードロップ(Galanthus caucasicus、Galanthus woronowii)や他のヒガンバナ科植物(Narcissus属スイセン, Leucojum属-スノーフレーク、Lycoris属-ヒガンバナ)の球根や花から得られるアルカロイドである。人工的に合成することもできる。現代医学での利用は1951年に始まり、ソ連の薬学者MashkovskyとKruglikova-Lvovaによって行われた。この2人によってガランタミンのアセチルコリンエステラーゼ(AChE)阻害作用が証明された。最初の工業生産は1959年、ブルガリアのPaskov(Nivalin, Sopharma)によって、東欧で伝統的に用いられていた植物を用いて始められた。これは民族植物学的創薬の実例である。東欧、ソ連では長い間、重症筋無力症、ミオパチー、中枢神経疾患に関連する感覚・運動機能障害などの治療に用いられている。米国でもアルツハイマー治療薬としてFDAに承認されている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2543279 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 10124 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 54 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57888151 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:atcPrefix
  • N06
prop-ja:atcSuffix
  • DA04
prop-ja:bioavailability
  • 80 (xsd:integer)
prop-ja:c
  • 17 (xsd:integer)
prop-ja:casNumber
  • 357 (xsd:integer)
prop-ja:chebi
  • 42944 (xsd:integer)
prop-ja:chembl
  • 659 (xsd:integer)
prop-ja:chemspiderid
  • 9272 (xsd:integer)
prop-ja:drugbank
  • APRD00206
prop-ja:eliminationHalfLife
  • 7 (xsd:integer)
prop-ja:excretion
  • 尿中95%、糞中5%
prop-ja:h
  • 21 (xsd:integer)
prop-ja:inchi
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:inchikey
  • ASUTZQLVASHGKV-JDFRZJQEBY
prop-ja:iupacName
  • -569101112 (xsd:integer)
prop-ja:kegg
  • D04292
prop-ja:legalStatus
  • Rx
prop-ja:medlineplus
  • a699058
prop-ja:meltingPoint
  • 126.500000 (xsd:double)
prop-ja:metabolism
prop-ja:molecularWeight
  • 287.354000 (xsd:double)
prop-ja:n
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:o
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:pregnancyCategory
  • B
prop-ja:proteinBound
  • 18.0
prop-ja:pubchem
  • 9651 (xsd:integer)
prop-ja:routesOfAdministration
  • Oral
prop-ja:smiles
  • OC
prop-ja:stdinchi
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:stdinchikey
  • ASUTZQLVASHGKV-JDFRZJQESA-N
prop-ja:tradename
  • ラザダイン
prop-ja:unii
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:verifiedfields
  • changed
prop-ja:verifiedrevid
  • 461118063 (xsd:integer)
prop-ja:width
  • 175 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ガランタミン (ニバリン、ラザダイン、レミニール、リコレミン)は軽-中度のアルツハイマー病や様々な記憶障害の治療に用いられる薬剤である。特に脳血管障害を原因とするものに有効。Galanthus属-スノードロップ(Galanthus caucasicus、Galanthus woronowii)や他のヒガンバナ科植物(Narcissus属スイセン, Leucojum属-スノーフレーク、Lycoris属-ヒガンバナ)の球根や花から得られるアルカロイドである。人工的に合成することもできる。現代医学での利用は1951年に始まり、ソ連の薬学者MashkovskyとKruglikova-Lvovaによって行われた。この2人によってガランタミンのアセチルコリンエステラーゼ(AChE)阻害作用が証明された。最初の工業生産は1959年、ブルガリアのPaskov(Nivalin, Sopharma)によって、東欧で伝統的に用いられていた植物を用いて始められた。これは民族植物学的創薬の実例である。東欧、ソ連では長い間、重症筋無力症、ミオパチー、中枢神経疾患に関連する感覚・運動機能障害などの治療に用いられている。米国でもアルツハイマー治療薬としてFDAに承認されている。
rdfs:label
  • ガランタミン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of