Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ガラミン(英:gallamine)とは筋弛緩薬の1つ。終板のニコチン受容体へのアセチルコリンの結合を競合的に拮抗することにより脱分極を阻害する。その結果、活動電位が発生せず、骨格筋の収縮が抑制される。コリンエステラーゼ阻害薬の存在下ではシナプスにおけるアセチルコリン濃度が高まるため、ガラミンの筋弛緩薬としての効果は減弱する。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1227316 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 718 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 12 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47313967 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:alt
  • ガラミンの構造式
prop-ja:atcPrefix
  • M03
prop-ja:atcSuffix
  • AC02
prop-ja:chemicalFormula
  • C30H60N3O3+3 · 3 I- C24H45N3O3
prop-ja:kegg
  • D02292
prop-ja:width
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ガラミン(英:gallamine)とは筋弛緩薬の1つ。終板のニコチン受容体へのアセチルコリンの結合を競合的に拮抗することにより脱分極を阻害する。その結果、活動電位が発生せず、骨格筋の収縮が抑制される。コリンエステラーゼ阻害薬の存在下ではシナプスにおけるアセチルコリン濃度が高まるため、ガラミンの筋弛緩薬としての効果は減弱する。
rdfs:label
  • ガラミン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of