ガラホとは、スマートフォン用のOSや半導体部品を転用して開発された、日本国内向けフィーチャー・フォン(いわゆるガラパゴスケータイ)の一種を指す新造語。 技術基盤はスマートフォンと共通であっても、機能仕様設計の大部分は「ガラホ」の想定利用ユーザーのために、操作性も考慮して、従来のフィーチャーフォンに準じているか若干の拡張に留まり、機能が最低限に絞り込まれている点が特徴である。 「ガラケー(ガラパゴスケータイ)+スマホ(スマートフォン)」を語源とするが、発売初期の紆余曲折、語感などからガラケー型スマホなどと誤解される事も少なくない。また、日本独特の機能(おサイフケータイやワンセグ)を搭載したスマートフォンを指す「ガラパゴススマートフォン(ガラスマ)」、ならびにその中でも形状をフィーチャーフォンに似せた製品群「スマートケータイ(スマケー)」」との混同も多い。そのためかフィーチャーフォンの一種であることを強調して「新型ガラケー」や、使用されているOSの名前を冠して「Androidガラケー」などと呼ばれることもある。 混同されやすい三つの語を簡潔に区別すると、 ということである。 なお、「ガラホ」という単語(英名;galaho)はKDDIによって商標登録されているため、他社が取り扱う類似端末は厳密にはガラホに当てはまらないが、便宜上この記事に包括して記載する。

Property Value
dbo:abstract
  • ガラホとは、スマートフォン用のOSや半導体部品を転用して開発された、日本国内向けフィーチャー・フォン(いわゆるガラパゴスケータイ)の一種を指す新造語。 技術基盤はスマートフォンと共通であっても、機能仕様設計の大部分は「ガラホ」の想定利用ユーザーのために、操作性も考慮して、従来のフィーチャーフォンに準じているか若干の拡張に留まり、機能が最低限に絞り込まれている点が特徴である。 「ガラケー(ガラパゴスケータイ)+スマホ(スマートフォン)」を語源とするが、発売初期の紆余曲折、語感などからガラケー型スマホなどと誤解される事も少なくない。また、日本独特の機能(おサイフケータイやワンセグ)を搭載したスマートフォンを指す「ガラパゴススマートフォン(ガラスマ)」、ならびにその中でも形状をフィーチャーフォンに似せた製品群「スマートケータイ(スマケー)」」との混同も多い。そのためかフィーチャーフォンの一種であることを強調して「新型ガラケー」や、使用されているOSの名前を冠して「Androidガラケー」などと呼ばれることもある。 混同されやすい三つの語を簡潔に区別すると、 * ガラスマ:スマホにおサイフケータイやワンセグ等のガラケーの機能を取り入れたもの(ガラパゴス化したスマホ) * スマケー:ガラスマの中でもテンキー付きで折り畳み型やスライド型等、形状をガラケーに似せたもの(ケータイ型スマホ) * ガラホ:ガラケーを作るにあたり、OSを含むスマホの技術・部品を転用したもの(ガラケーの機能・表示・操作感の再現などを目的に、スマホにある機能が一部削られている。いわゆる擬似スマホ型ガラケー) ということである。 さらに、「Androidフィーチャー・フォン」には、「Android搭載のフィーチャーフォン」がすべて含まれている。日本独特の「ガラパゴスケータイ」機能を必ずしも含んでいるとは限らない。(ガラホはそのようなデバイスの一種だが、日本国外で販売されているより基本的なデバイスもある。) なお、「ガラホ」という単語(英名;galaho)はKDDIによって商標登録されているため、他社が取り扱う類似端末は厳密にはガラホに当てはまらないが、便宜上この記事に包括して記載する。 (ja)
  • ガラホとは、スマートフォン用のOSや半導体部品を転用して開発された、日本国内向けフィーチャー・フォン(いわゆるガラパゴスケータイ)の一種を指す新造語。 技術基盤はスマートフォンと共通であっても、機能仕様設計の大部分は「ガラホ」の想定利用ユーザーのために、操作性も考慮して、従来のフィーチャーフォンに準じているか若干の拡張に留まり、機能が最低限に絞り込まれている点が特徴である。 「ガラケー(ガラパゴスケータイ)+スマホ(スマートフォン)」を語源とするが、発売初期の紆余曲折、語感などからガラケー型スマホなどと誤解される事も少なくない。また、日本独特の機能(おサイフケータイやワンセグ)を搭載したスマートフォンを指す「ガラパゴススマートフォン(ガラスマ)」、ならびにその中でも形状をフィーチャーフォンに似せた製品群「スマートケータイ(スマケー)」」との混同も多い。そのためかフィーチャーフォンの一種であることを強調して「新型ガラケー」や、使用されているOSの名前を冠して「Androidガラケー」などと呼ばれることもある。 混同されやすい三つの語を簡潔に区別すると、 * ガラスマ:スマホにおサイフケータイやワンセグ等のガラケーの機能を取り入れたもの(ガラパゴス化したスマホ) * スマケー:ガラスマの中でもテンキー付きで折り畳み型やスライド型等、形状をガラケーに似せたもの(ケータイ型スマホ) * ガラホ:ガラケーを作るにあたり、OSを含むスマホの技術・部品を転用したもの(ガラケーの機能・表示・操作感の再現などを目的に、スマホにある機能が一部削られている。いわゆる擬似スマホ型ガラケー) ということである。 さらに、「Androidフィーチャー・フォン」には、「Android搭載のフィーチャーフォン」がすべて含まれている。日本独特の「ガラパゴスケータイ」機能を必ずしも含んでいるとは限らない。(ガラホはそのようなデバイスの一種だが、日本国外で販売されているより基本的なデバイスもある。) なお、「ガラホ」という単語(英名;galaho)はKDDIによって商標登録されているため、他社が取り扱う類似端末は厳密にはガラホに当てはまらないが、便宜上この記事に包括して記載する。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 2419144 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 18837 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81505012 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • ガラホとは、スマートフォン用のOSや半導体部品を転用して開発された、日本国内向けフィーチャー・フォン(いわゆるガラパゴスケータイ)の一種を指す新造語。 技術基盤はスマートフォンと共通であっても、機能仕様設計の大部分は「ガラホ」の想定利用ユーザーのために、操作性も考慮して、従来のフィーチャーフォンに準じているか若干の拡張に留まり、機能が最低限に絞り込まれている点が特徴である。 「ガラケー(ガラパゴスケータイ)+スマホ(スマートフォン)」を語源とするが、発売初期の紆余曲折、語感などからガラケー型スマホなどと誤解される事も少なくない。また、日本独特の機能(おサイフケータイやワンセグ)を搭載したスマートフォンを指す「ガラパゴススマートフォン(ガラスマ)」、ならびにその中でも形状をフィーチャーフォンに似せた製品群「スマートケータイ(スマケー)」」との混同も多い。そのためかフィーチャーフォンの一種であることを強調して「新型ガラケー」や、使用されているOSの名前を冠して「Androidガラケー」などと呼ばれることもある。 混同されやすい三つの語を簡潔に区別すると、 ということである。 なお、「ガラホ」という単語(英名;galaho)はKDDIによって商標登録されているため、他社が取り扱う類似端末は厳密にはガラホに当てはまらないが、便宜上この記事に包括して記載する。 (ja)
  • ガラホとは、スマートフォン用のOSや半導体部品を転用して開発された、日本国内向けフィーチャー・フォン(いわゆるガラパゴスケータイ)の一種を指す新造語。 技術基盤はスマートフォンと共通であっても、機能仕様設計の大部分は「ガラホ」の想定利用ユーザーのために、操作性も考慮して、従来のフィーチャーフォンに準じているか若干の拡張に留まり、機能が最低限に絞り込まれている点が特徴である。 「ガラケー(ガラパゴスケータイ)+スマホ(スマートフォン)」を語源とするが、発売初期の紆余曲折、語感などからガラケー型スマホなどと誤解される事も少なくない。また、日本独特の機能(おサイフケータイやワンセグ)を搭載したスマートフォンを指す「ガラパゴススマートフォン(ガラスマ)」、ならびにその中でも形状をフィーチャーフォンに似せた製品群「スマートケータイ(スマケー)」」との混同も多い。そのためかフィーチャーフォンの一種であることを強調して「新型ガラケー」や、使用されているOSの名前を冠して「Androidガラケー」などと呼ばれることもある。 混同されやすい三つの語を簡潔に区別すると、 ということである。 なお、「ガラホ」という単語(英名;galaho)はKDDIによって商標登録されているため、他社が取り扱う類似端末は厳密にはガラホに当てはまらないが、便宜上この記事に包括して記載する。 (ja)
rdfs:label
  • ガラホ (ja)
  • ガラホ (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of