Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ガラクトース(英: Galactose)は、脳糖(英: brain sugar)とも呼ばれるアルドヘキソースである。乳製品や甜菜、ガム、および粘液で見出される他、ヒトの体内でも合成され各組織で糖脂質や糖タンパク質の一部を形成する。 エネルギーとなる食物で、栄養性の甘味料であると考えられる。 グルコースほど甘くなく、またそれほど水に可溶性でもない。名前の由来はギリシャ語で「乳の」を意味するγάλακτ–(galakt–)からきている。
dbpedia-owl:imageSize
  • 100 (xsd:integer)
  • 150 (xsd:integer)
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 329321 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2821 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 56 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59027723 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:imagealt
  • ガラクトースの球棒モデル
prop-ja:imagefile
  • Galactose-3D-balls.png
prop-ja:imagefilel
  • Beta-D-Galactopyranose.svg
prop-ja:imagefiler
  • DL-Galactose num.svg
prop-ja:imagesize
  • 150 (xsd:integer)
prop-ja:imagesizel
  • 100 (xsd:integer)
prop-ja:imagesizer
  • 150 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • ガラクトース
prop-ja:othernames
  • 脳糖
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ガラクトース(英: Galactose)は、脳糖(英: brain sugar)とも呼ばれるアルドヘキソースである。乳製品や甜菜、ガム、および粘液で見出される他、ヒトの体内でも合成され各組織で糖脂質や糖タンパク質の一部を形成する。 エネルギーとなる食物で、栄養性の甘味料であると考えられる。 グルコースほど甘くなく、またそれほど水に可溶性でもない。名前の由来はギリシャ語で「乳の」を意味するγάλακτ–(galakt–)からきている。
rdfs:label
  • ガラクトース
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 脳糖
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of