Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ガラクツロン酸(ガラクツロンさん、galacturonic acid)はガラクトースが酸化されたウロン酸で分子式 C6H10O7、分子量 194.14、D体のCAS登録番号は [685-73-4]、L体は [108729-78-8]。天然にはD体のみが存在し、重合体であるポリガラクツロン酸はペクチンの主成分として知られる。単独での生化学的な役割は知られていないが、多糖の構成成分として植物に広く存在する。ポリガラクツロン酸の酸加水分解またはポリガラクツロナーゼによる分解で得られる。
dbpedia-owl:casNumber
  • 685-73-4
dbpedia-owl:iupacName
  • D-ガラクツロン酸(許容慣用名)
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1114609 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 723 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 9 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47313898 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:cas登録番号
  • 685 (xsd:integer)
prop-ja:iupac
  • D-ガラクツロン酸(許容慣用名)
prop-ja:name
  • D-ガラクツロン酸
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:分子式
  • C6H10O7
prop-ja:分子量
  • 194.140000 (xsd:double)
prop-ja:形状
  • 無色固体
prop-ja:構造式
  • 150 (xsd:integer)
  • 図は α-体
prop-ja:融点
  • 159 (xsd:integer)
prop-ja:融点注
  • (α体)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ガラクツロン酸(ガラクツロンさん、galacturonic acid)はガラクトースが酸化されたウロン酸で分子式 C6H10O7、分子量 194.14、D体のCAS登録番号は [685-73-4]、L体は [108729-78-8]。天然にはD体のみが存在し、重合体であるポリガラクツロン酸はペクチンの主成分として知られる。単独での生化学的な役割は知られていないが、多糖の構成成分として植物に広く存在する。ポリガラクツロン酸の酸加水分解またはポリガラクツロナーゼによる分解で得られる。
rdfs:label
  • ガラクツロン酸
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • D-ガラクツロン酸
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of