Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ガムラン(インドネシア語: gamelan)は、東南アジアのインドネシアで行なわれている大・中・小のさまざまな銅鑼や鍵盤打楽器による合奏の民族音楽の総称である。広義では、インドネシア周辺のマレーシア、フィリピン南部スールー諸島などの地域の類似の音楽をも含める場合がある。欧米や日本などでは、ガムラン音楽、Gamelan music などとも呼ばれる。「ガムラン」とはガムル(「たたく」等の意味、動詞)の名詞形で、元来はインドネシア、ジャワ島中部の伝統芸能であるカラウィタンで使われるサロン saron やゴン gong などの伝統楽器のことであった。近年はヒーリング・ミュージックとしても注目されている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 698 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 10456 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 97 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59040977 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:filename
  • Pelog.ogg
prop-ja:format
prop-ja:title
  • ペロッグ音階の例
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ガムラン(インドネシア語: gamelan)は、東南アジアのインドネシアで行なわれている大・中・小のさまざまな銅鑼や鍵盤打楽器による合奏の民族音楽の総称である。広義では、インドネシア周辺のマレーシア、フィリピン南部スールー諸島などの地域の類似の音楽をも含める場合がある。欧米や日本などでは、ガムラン音楽、Gamelan music などとも呼ばれる。「ガムラン」とはガムル(「たたく」等の意味、動詞)の名詞形で、元来はインドネシア、ジャワ島中部の伝統芸能であるカラウィタンで使われるサロン saron やゴン gong などの伝統楽器のことであった。近年はヒーリング・ミュージックとしても注目されている。
rdfs:label
  • ガムラン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:influences of
is prop-ja:著名使用楽器 of
is foaf:primaryTopic of