Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ガウン(英語: gown)とは、洋服の一形式で、膝あるいは床に届くような丈の長い衣を指す。中世ラテン語の "gunna" (毛皮の服の意)に由来し、ゆったりとした外衣として中世ヨーロッパにおいて男女ともに着用された。また、ガウンはドレスとほぼ同義にも用いられ、ローブとも重複する概念である。今日でもガウンは特定の儀礼等において着用される。例えば法服ではゆったりとしたガウンを着用し、また大学の儀礼で用いるアカデミックドレスでもガウンを用いる。また、女性用のイブニングドレスをイブニングガウン、ウェディングドレスをウエディングガウン、寝間着をナイトガウン等と呼ぶが、日本語では室内着・寝間着として着用する外衣(バスローブやドレッシングガウン)を単に「ガウン」と呼ぶ場合もある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1903331 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 681 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 18 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58711285 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ガウン(英語: gown)とは、洋服の一形式で、膝あるいは床に届くような丈の長い衣を指す。中世ラテン語の "gunna" (毛皮の服の意)に由来し、ゆったりとした外衣として中世ヨーロッパにおいて男女ともに着用された。また、ガウンはドレスとほぼ同義にも用いられ、ローブとも重複する概念である。今日でもガウンは特定の儀礼等において着用される。例えば法服ではゆったりとしたガウンを着用し、また大学の儀礼で用いるアカデミックドレスでもガウンを用いる。また、女性用のイブニングドレスをイブニングガウン、ウェディングドレスをウエディングガウン、寝間着をナイトガウン等と呼ぶが、日本語では室内着・寝間着として着用する外衣(バスローブやドレッシングガウン)を単に「ガウン」と呼ぶ場合もある。
rdfs:label
  • ガウン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of