Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ガイウス・ユリウス・ウェルス・マクシムス(ラテン語: Gaius Julius Verus Maximus,217年または220年 - 238年5月10日)とは、軍人皇帝時代のローマ帝国の皇帝マクシミヌス・トラクスの息子であり、父マクシミヌスの共同皇帝(在位:236年 - 238年)の地位にあった人物である。ガイウス・ユリウス・ウェルス・マクシミヌス(Gaius Julius Verus Maximinus)や小マクシミヌスとも称される。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2209310 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1201 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 28 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47113637 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ガイウス・ユリウス・ウェルス・マクシムス(ラテン語: Gaius Julius Verus Maximus,217年または220年 - 238年5月10日)とは、軍人皇帝時代のローマ帝国の皇帝マクシミヌス・トラクスの息子であり、父マクシミヌスの共同皇帝(在位:236年 - 238年)の地位にあった人物である。ガイウス・ユリウス・ウェルス・マクシミヌス(Gaius Julius Verus Maximinus)や小マクシミヌスとも称される。
rdfs:label
  • ガイウス・ユリウス・ウェルス・マクシムス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of