Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ガイウス・マリウス(ラテン語: Gaius Marius、紀元前157年 - 紀元前86年1月13日)は、共和政ローマ末期の軍人、政治家。同名の祖父・父と区別してガイウス・マリウス・ガイウスフィリオ・ガイウスネーポ(Gaius Marius C. f. C. n.)、あるいは息子である小マリウスに対して大マリウス(Marius Major)とも呼ばれる。平民出身の軍人としてキンブリ・テウトニ戦争で歴史的勝利を収め、合わせて大規模な軍制改革を行った。軍制改革では市民兵制から職業軍人への切り替え、武器自弁から装備の一律支給、訓練内容や指揮系統の改革、果ては退職金制度や鷹章旗の制定まで多岐に亘る改革を成し遂げた。この制度は帝政時代を含めて長らくローマの軍事制度として継承された。政治的にはポプラレス(民衆派)の英雄として共和制末期に計7回の執政官就任を果たし、一時は独裁的な権限すら獲得していた。彼の民衆派の指導者としての地位と活躍、及び革新的な軍制改革はローマを帝政へと導く遠因の1つとなる。彼の妻であるユリア・カエサリアはガイウス・ユリウス・カエサルの叔母であり、マリウスは外伯父としてカエサルの政治基盤に多大な影響を残した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 317330 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 18150 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 164 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57870493 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:人名
  • Gaius Marius
  • ガイウス・マリウス
  • (C·MARIVS·C·F·C·N)
prop-ja:出生
prop-ja:出身階級
prop-ja:官職
  • 執政官(紀元前107年、104年、103年、102年、101年、100年、86年)
  • 法務官(紀元前116年)
  • 護民官(紀元前120年)
  • 財務官(紀元前122年)
prop-ja:家族名
  • 無名の一族(ノウス・ホモ)
prop-ja:属州総督
  • ルシタニア(紀元前114年)
prop-ja:後継者
prop-ja:指揮戦争
  • ユグルタ戦争(紀元前109年)
  • ローマ内戦(紀元前87年)
  • 同盟市戦争(紀元前91年)
  • ヌマンティア戦争(紀元前134年)
  • キンブリ・テウトニ戦争(紀元前101年)
prop-ja:死没
  • --01-13
prop-ja:死没地
prop-ja:氏族名
prop-ja:渾名
  • 大マリウス(Marius Major)第三の建国者(Third Founder of Rome)
prop-ja:生地
  • アルピヌム(現:アルピーノ)
prop-ja:画像
  • Marius Glyptothek Munich 319.jpg
prop-ja:画像サイズ
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:見出し
  • 鼻が欠損しているマリウスの胸像グリュプトテーク所蔵
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ガイウス・マリウス(ラテン語: Gaius Marius、紀元前157年 - 紀元前86年1月13日)は、共和政ローマ末期の軍人、政治家。同名の祖父・父と区別してガイウス・マリウス・ガイウスフィリオ・ガイウスネーポ(Gaius Marius C. f. C.
rdfs:label
  • ガイウス・マリウス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:opponents of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:commander of
is foaf:primaryTopic of