Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ガイア(古希: Γαῖα, Gaia, Gaîa, Gæa, Gaea)、あるいはゲー(古希: Γῆ, Gē)は、ギリシア神話に登場する女神である。地母神であり、大地の象徴と言われる。ただし、ガイアは天をも内包した世界そのものであり、文字通りの大地とは違う存在である。『神統記』によれば、カオスから生まれ、タルタロス、エロースと同じく世界の始まりの時から存在した原初神である。ギリシア神話に登場する神々の多くはガイアの血筋に連なり、また人類もその血を引いているとされ、母なる女神としてギリシア各地で篤く崇拝された。さらに、地上のあらゆる事がその上で行われることから、誓言の神でもある。ローマ神話におけるテルスに相当する。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 6241 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2928 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 49 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57547067 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ガイア(古希: Γαῖα, Gaia, Gaîa, Gæa, Gaea)、あるいはゲー(古希: Γῆ, Gē)は、ギリシア神話に登場する女神である。地母神であり、大地の象徴と言われる。ただし、ガイアは天をも内包した世界そのものであり、文字通りの大地とは違う存在である。『神統記』によれば、カオスから生まれ、タルタロス、エロースと同じく世界の始まりの時から存在した原初神である。ギリシア神話に登場する神々の多くはガイアの血筋に連なり、また人類もその血を引いているとされ、母なる女神としてギリシア各地で篤く崇拝された。さらに、地上のあらゆる事がその上で行われることから、誓言の神でもある。ローマ神話におけるテルスに相当する。
rdfs:label
  • ガイア
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of