Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • カール14世ヨハン(スウェーデン語: Karl XIV Johan, 1763年1月26日 - 1844年3月8日)は、ベルナドッテ王朝初代のスウェーデン国王およびノルウェー国王(在位:1818年 - 1844年)。ノルウェー国王としての名はカール3世ヨハン(ノルウェー語: Karl III Johan, 1763年1月26日 - 1844年3月8日)。フランス革命・ナポレオン戦争期のフランスの軍人ジャン=バティスト・ジュール・ベルナドット(フランス語: Jean-Baptiste Jules Bernadotte)としても知られる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 310532 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 119055 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 669 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58864305 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:quote
  • --05-17
  • 「兵士諸君、前途は何と壮大なことか!ヨーロッパの解放、その政治的均衡の再建、20年続いた動乱の終結、すなわち、全世界の平和が諸君の奮闘にかかっている。連帯と規律と勇気でもって、諸君を待ち受ける崇高な運命に挺身するのだ。」
  • 「彼[カール・ヨハン]は弱い性格をしていて多くの陰謀に囲まれている。フランス贔屓の感情はまだスウェーデンを占めている。彼としては、スウェーデン人にとっての純然たる目的こそが優先事項で、なぜならばその達成によってのみ彼はスウェーデンの王座を確保できると予期しているからだ。...彼のフランス皇帝へ向けた敵意は大きいのだろうが、極限まで対抗することにも、彼自身の栄達をもたらした体制を破壊することにも踏み切れないのだ。我々は忘れてはならない。スウェーデン王太子は『革命の申し子』だということを。」
  • 万民にとって望外の講和が実現したならば、大陸の人民は陛下にどれほど感謝を捧げることでしょう!」
  • 「その他の欧州と切り離されているように、我々の政策と国益はスカンジナビア半島の人々に関わりの無いあらゆる紛争に取り込まれることを常に抑制する。それと同時に、我々の国家の義務と名誉が命じるに従い、我々は国内に介入せんとする他の勢力をいかなるものであれ許しはしない。」
  • 「フランスの境界は自然に基づいて定義される。それは、海、ライン川、アルプス山脈、ピレネー山脈の4地点である。」
  • 「見栄えする所作と指揮官らしい容姿を生まれ持っていた。指揮官の職務の細部を良く把握しており、かつ部下の福祉に上手に気を配っていたので、兵たちに愛されていた。彼の特徴は親切さよりも規律重視の厳格さが上回った。」
  • 「ローマ人の精神とフランス人の頭脳を持った男。」ーナポレオン
  • 「我々のような哀れな兵士たちは文字通り[ナポレオンに]吸収される。結果として、不幸なことに、彼の身近にいて彼を介さない限り得られる栄光は存在しなくなる。」
  • 「私にとっては、彼がこの選任を受け入れないで欲しかった。だがどうやって干渉できよう?何よりも、彼は私の事が好きではない。...我々は互いを理解しあう事が無かった。もはや手遅れだ。彼には彼の目指す政策があり、私には私のがある。」
  • 「私の置かれた状況は際どく複雑で最大限の慎重さが求められている。フランス人の血を流すことへの当然の忌避感だけでなく、私は名を立てねばならない。私は惑わされない。私の運勢は一戦一戦にかかっている。貴官の皇帝もオーストリア皇帝も私を『兄弟』と呼ぶ。だが敗北したら、私は6フランを貸してくれる人物を求めてヨーロッパをさまようだろう。」
  • 「私は何も指示を受けずにドレスデンに到着しました。戦闘の危険が差し迫っているにも関わらず、命令の記された最初の手紙は投函によって16日もかけて私の元に届けられました。...私の努力は常に克服し難い隠された力によって麻痺されています。何とぞ陛下、私の敵が私を苦しめようとしない場所まで遠征に出すか、さもなくば退役をお許しください。」
  • 「ベルナドット!彼にはムーア人の血が流れている。豪胆で進取果断だ。彼は私の兄弟と繋がりを持つ。私のことを好きではないし、必ず反対してくるだろう。いったん野心を持てば何事もやってのけるのだろうが、覚えているか?私がオージュローの支援に送ったにも拘らず、フリュクティドール18日に彼が見せたやる気の無さを。この曲者は決して誘惑に乗らない。私心が無く、頭が良い。」
  • 「彼はとても良く応対してくれた。だが私には26−7歳の若者が50歳のように振る舞っているかに見えた。そして、私見だが、共和政にとって好ましくない兆候を感じた。」ーベルナドット
  • 「ポンテ・コルヴォ公について私見を述べさせて頂くならば、率直に申し上げて、軍事と政治における能力だけでなく、心延えと高潔さにおいても最上級の尊敬に価する方です。公の私生活の有り様は現代において貴重な手本です。良き夫、良き父親、良き友にして良き指導者であり、周囲の人々に愛されています。おそらく公の独立した気質が、噂されている皇帝との不和の起源かと思われますが、私の目では両者からはそのような様子は見当たりませんでした。
  • 「この男[ベルナドット]の虚栄心は過剰である。…彼の能力は凡庸だ。私は何の信用も置いていない。首都に溢れている陰謀家どもに進んで耳を貸している。軍務中も同様である。イエナでは私をあと少しで敗北させようとした。ヴァグラムでは無様な振舞いをした。アイラウでは現れるところをそうしなかった。アウステルリッツではやるはずのことを行わなかった。」
  • 「2つの国民を、同じ代議制、同じ財政そして同じ法律で融合させ、友愛で結びつける。そなたはこの大きな目標を決して忘れてはならない。」
  • 「ナポレオン帝の習性からすれば、このような大軍を率いることは彼に大層な自信を与えているに違いありません。ですが陛下がまともに構うことなく通常の会戦を避けて、行軍と小競り合いで兵力をすり減らしていけば、ナポレオン帝は確実に陛下の思惑通りの陥穽に陥るでしょう。」
  • 「(フランス軍の緒戦での勝利について)結果がどうであれ、陛下が心配するに及びません。ナポレオンは1戦目、2戦目、3戦目さえも勝利するでしょう。4戦目は勝敗がつきません。しかしながら、陛下が軍兵を温存すれば、必ずや5戦目は勝利を収めることができます。」
  • 「陛下、人類は既に十分苦しみを被ってきました。この20年もの間、大地は人間の血でまみれています。これ以上の流血を食い止めるには、もはや陛下のご威光に縋るしかないのです。
  • 「私は今一度危険な戦いに身を投げ入れる。結果がどうなるかは分からない。もし私が斃れたならば、4万の兵を率いてパリの門を守るのは貴方だ。共和国の運命を貴方に託そう。」
  • 「スウェーデン王太子のベルナドットに会った。かつて共和主義者で、勇敢で、上品で端然とした物腰が魅力的で、とても軍才に長けた人。...彼は私に、皇帝が彼とスウェーデンに向けた不当な仕打ちが武器をとった唯一の理由で、そして母国に足を踏み入れて以来一度も武器を振るわなかった事を確信させた。」
  • 「私は散り際は心得ているつもりだ。だがひと握りの領土も譲り渡しはしない。生まれながらにして玉座にあったそなたの君主たちなら、二十回打ち負かされても、いつも自分の都に帰っていくことができよう。だが私にはそれができないのだ。なぜなら私は一介の成りあがりの兵士だからだ。私が力を持たなくなり、したがって畏敬されることもなくなる日には、私の支配は終わるのだ。」
  • 「たとえ貴方が欧州の征服を企てても、[王制支持派は]我々にそれができるとは微塵も思わないだろう。…将軍よ、人生の歓喜を享受することです。陰鬱な想像で自身を毒してはいけない。」
  • 「たとえナポレオン帝がサンクトペテルブルグとモスクワを占領できたとしても、5月前にはエルベ川とヴェーザー川のほとりに自ら赴き、己の身を守ることを余儀なくされるでしょう。」
  • 国王[カール13世]からアレクサンドル帝への調停の申し入れに陛下のご高配を頂けましたら、かの君主の雅量を存じておりますれば、必ずや講和に応じるものと予期しております。そして陛下の帝国と北方が等しく利益を享受できるようになるでしょう。
  • 「私から彼[ナポレオン]への返答として、一刻も早く和平を結ぶよう助言する。彼がいつも私を誤解し、私が常に彼の密かな憎しみの対象であることを良く承知しているが、それでもこの助言は私よりも彼の為にしている。」
  • …このような高位を自ら望む人間は正気ではない。だが、たとえその国の少数派からだとしても、貴国のような国から信頼を与えられる栄誉に感動しない人間がいるとしたら、その者は情感を欠いているに違いない。この栄誉にリスクが伴い、待ち受ける道に障害や脅威があるという理由で背を向ける人間がいるとしたら、その者は臆病者に違いない。ああそうだ、臆病者だ。その一言だ。
  • 「ノルウェーはデンマークよりも、スウェーデンと一体の方が自然ではないだろうか?」
  • 「ベルナドットは征服ではなく統治者たる国王との養子縁組と国民の同意に基づいてスウェーデンに来ております。彼は国王ではなくただの王位継承者です。彼を攻撃することは彼を養子にした国王を攻撃することに他なりません。...国王が存命である限り、ベルナドットは一時的な権限を持っているだけで、そのヨーロッパへの影響は無いも同然です。従いまして、彼らに関わるいざござはヨーロッパにとっても会議にとっても決して本題になりますまい。彼がスウェーデン王位を継承することは疑念の余地なく有害で、それは甚だしいものです。とは申せども、その害がすっかり改善されるとするならば、それは時と物事の経過によってのみ可能なのです。」
  • ブーリエンヌとの会話より
  • 初対面での互いの印象について
  • 「どうかパーマストン卿[イギリス外相]に、私の政策は可能な限り徹底して中立を維持することだとお伝え頂きたい。私はイギリスに対してはいかなる場合においても、そしてロシアに対しては戦争が避けられない極限に陥った場合を除いて敵意を向けるつもりはありません。」
  • 「私の出自から考えられるだろうか、運命が私を据えようとしている地位がありえるとは。
  • 「おそらくベルナドットがブリュメール18日以前のパリでの駆け引きにおいてボナパルトのライバルであったことと、その後の両者の見解の相違によるものだろう...君主[カール・ヨハン]は個人的な事情よりも、彼の国の名誉と国益を心から念じており、そのような私的な理由に基づいた敵意を念頭に入れないか、もしくは一時的にでも脇に置いていた。しかしナポレオンは忘れることができなかった。彼は反対に予てからのフランスの国益と政策を忘れ、個人的な怨恨を王太子にぶつけていた。」
  • …貴方の君主を崇敬し、スウェーデン国民を最大限尊重しよう。正義とフェアプレイの追求、秩序維持における公平さ、賞罰の厳正さ、分け隔てなさ、軍の統率、人々への思いやりと慈しみ、これらを約束する。そしてこの約束を守ってみせる。」
  • ...スウェーデンの玉座に気骨と卓越した人品を持たざる人物を据えては、スウェーデンの独立国家としての地位をおとしめる事に繋がるでしょう。」
  • 「彼[ベルナドット]は頭が切れる。私は常にこれを厄介と思ってきた。...私としては彼が居なくなってくれて嬉しい。彼をフランスから排除できる以上に良い事はない。」メッテルニヒとの会話より
prop-ja:source
  • 1827 (xsd:integer)
  • dbpedia-ja:アウグスト・フォン・グナイゼナウ
  • dbpedia-ja:アーサー・ウェルズリー_(初代ウェリントン公爵)
  • --02-08
  • --03-19
  • --03-24
  • --08-13
  • --10-22
  • ナポレオン
  • カール・ヨハン
  • パリ滞在中にナポレオンに宛てた手紙にて
  • フランス軍によるポメラニア侵略について
  • サラザン(当時のベルナドットの部下)
  • パリ帰還2日後、秘書のブーリエンヌとの会話にて
  • ドレスデンからナポレオンへ送った手紙より
  • アレクサンドル1世に書き送った助言
  • イギリスの外交使節
  • ウィーンから警察長官フーシェと
  • オルタンス・ド・ボアルネ
  • ジョセフの使者への返答より
  • タレーラン
  • ダントン
  • ツェルプストにて
  • トーマス・カートライト卿へ
  • プロイセン軍参謀総長
  • ベルナドット
  • ベルナドットに向けて
  • マレンゴの戦いの出立前、
  • メッテルニヒとの会話より
  • メルネル中尉に持たせた手紙より
  • メルネル伯爵との会話にて
  • ラーゲルビエルケとの会話にて
  • リュシアンへの手紙にて
  • ルイ18世に送った手紙より
  • ロシア皇帝の使者との会話より
  • ヴレーデ将軍
  • 休戦期間中、ドレスデン会談での
  • 友人のスウェーデン公使
  • 戦役中のカール・ヨハンの
  • 曖昧な行動について
  • 本人の日記より
  • 王太子オスカルに向けて
  • 議会における即位宣誓より
  • 陸軍大臣クラルクに送った手紙より
prop-ja:width
  • 12 (xsd:integer)
  • 15 (xsd:integer)
  • 16 (xsd:integer)
  • 17 (xsd:integer)
  • 18 (xsd:integer)
  • 19 (xsd:integer)
  • 20 (xsd:integer)
  • 21 (xsd:integer)
  • 25 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:サイン
  • Autograf, Carl Johan, Nordisk familjebok.png
prop-ja:人名
  • カール14世ヨハン
prop-ja:全名
  • ジャン=バティスト・ジュール
  • ヨハン・バプティスト・ユリウス
prop-ja:出生日
  • 1763-01-26 (xsd:date)
prop-ja:君主号
  • スウェーデン=ノルウェー連合王国国王 ((正式称号:スウェーデン、ノルウェー、ゴート人およびヴァンダル人の王))
prop-ja:在位
  • --02-05
prop-ja:埋葬日
  • 、ストックホルム、リッダルホルム教会
prop-ja:子女
prop-ja:宗教
  • キリスト教カトリック教会→ルーテル教会
prop-ja:戴冠日
  • --05-11
  • --09-07
prop-ja:死亡日
  • 1844-03-08 (xsd:date)
prop-ja:母親
  • ジャンヌ・ド・サン=ジャン
prop-ja:没地
  • 、ストックホルム、ストックホルム宮殿
prop-ja:父親
  • アンリ・ベルナドット
prop-ja:王朝
prop-ja:生地
  • 、ポー
prop-ja:画像
  • Bernadotte.jpg
prop-ja:画像説明
  • ((フレドリク・ウェスティン画))
  • カール14世ヨハン
prop-ja:配偶者
dcterms:subject
rdfs:comment
  • カール14世ヨハン(スウェーデン語: Karl XIV Johan, 1763年1月26日 - 1844年3月8日)は、ベルナドッテ王朝初代のスウェーデン国王およびノルウェー国王(在位:1818年 - 1844年)。ノルウェー国王としての名はカール3世ヨハン(ノルウェー語: Karl III Johan, 1763年1月26日 - 1844年3月8日)。フランス革命・ナポレオン戦争期のフランスの軍人ジャン=バティスト・ジュール・ベルナドット(フランス語: Jean-Baptiste Jules Bernadotte)としても知られる。
rdfs:label
  • カール14世ヨハン (スウェーデン王)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:opponents of
is dbpedia-owl:spouse of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:元首等氏名 of
is prop-ja:父親 of
is prop-ja:配偶者 of
is foaf:primaryTopic of