Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • カール・ラーション(Carl Larsson、1853年5月28日 - 1919年1月22日)は、スウェーデンの画家。油彩・水彩ともに多数の作品を残し、フランス印象派の画家に多大な影響を与えたとされる。自身の家族を題材として当時の中流階級の日常生活風景の作品を数多く残し、その情景から溢れ出す幸福感が人々の共感を呼び、大いに人気を集めた。
dbpedia-owl:deathDate
  • 1919-01-22 (xsd:date)
dbpedia-owl:deathPlace
dbpedia-owl:nationality
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1290999 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 11419 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 98 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57822753 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:alt
  • Carl Larsson
prop-ja:bgcolour
  • #6495ED
prop-ja:birthdate
  • --05-28
prop-ja:caption
  • カール・ラーション
prop-ja:deathdate
  • 1919-01-22 (xsd:date)
prop-ja:deathplace
prop-ja:field
  • 絵画
prop-ja:imagesize
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:location
prop-ja:name
  • カール・ラーション
prop-ja:nationality
  • スウェーデン
prop-ja:training
  • スウェーデン王立美術学校
prop-ja:website
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:works
  • 画集『わたしの家』
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • カール・ラーション(Carl Larsson、1853年5月28日 - 1919年1月22日)は、スウェーデンの画家。油彩・水彩ともに多数の作品を残し、フランス印象派の画家に多大な影響を与えたとされる。自身の家族を題材として当時の中流階級の日常生活風景の作品を数多く残し、その情景から溢れ出す幸福感が人々の共感を呼び、大いに人気を集めた。
rdfs:label
  • カール・ラーション
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • カール・ラーション
is dbpedia-owl:creator of
is dbpedia-owl:painter of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:artist of
is foaf:primaryTopic of