Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • カール・マンハイム(Karl Mannheim, 1893年3月27日 - 1947年1月9日)は、ハンガリーのユダヤ人社会学者で知識社会学の提唱者。ブダペストに生まれ、ブダペストとフライブルクで学び、1914年にベルリンでゲオルク・ジンメルの教えを受けた。その後さらにパリとハイデルベルクでも学び、1918年に博士号を得た。翌1919年にドイツに移住し、1922年から1925年までアルフレート・ヴェーバーのもとで働いた後、1926年にハイデルベルクで私講師に、1929年にフランクフルト大学社会学科正教授に就任。1933年にアドルフ・ヒトラーが政権をとったためイギリスに亡命し、ロンドン大学講師を経て、1946年にロンドン大学教育学部の主任教授となる。1947年にロンドンで没。彼は、どんな思想もその立場や時間に拘束されているという思想の存在被拘束性を指摘し、知識社会学を構想した。思想の存在被拘束性を乗り越え真理に近づくためには、全体的視野から相関や歴史を見ようと立場を自由に浮動する知識人(自由に浮動するインテリゲンチャ)になるべきだとした。『イデオロギーとユートピア』で、マルクス主義のイデオロギーを前面に出さず、マルクス・レーニン主義的な社会改造の革命を推進する新しいドグマを構築し、ユートピアにも現実社会の変革という積極的な意味を付与した。大衆社会の危険性について論じた『変革期における人間と社会』は、後のエーリヒ・フロムなどの大衆社会論の流れに大きな影響を与えた。日本では丸山眞男がマンハイムから大きな影響を受けているが、丸山はそれをスターリンの『レーニン主義の基礎』の代替として活用している。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 414176 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2818 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 43 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58065424 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • カール・マンハイム(Karl Mannheim, 1893年3月27日 - 1947年1月9日)は、ハンガリーのユダヤ人社会学者で知識社会学の提唱者。ブダペストに生まれ、ブダペストとフライブルクで学び、1914年にベルリンでゲオルク・ジンメルの教えを受けた。その後さらにパリとハイデルベルクでも学び、1918年に博士号を得た。翌1919年にドイツに移住し、1922年から1925年までアルフレート・ヴェーバーのもとで働いた後、1926年にハイデルベルクで私講師に、1929年にフランクフルト大学社会学科正教授に就任。1933年にアドルフ・ヒトラーが政権をとったためイギリスに亡命し、ロンドン大学講師を経て、1946年にロンドン大学教育学部の主任教授となる。1947年にロンドンで没。彼は、どんな思想もその立場や時間に拘束されているという思想の存在被拘束性を指摘し、知識社会学を構想した。思想の存在被拘束性を乗り越え真理に近づくためには、全体的視野から相関や歴史を見ようと立場を自由に浮動する知識人(自由に浮動するインテリゲンチャ)になるべきだとした。『イデオロギーとユートピア』で、マルクス主義のイデオロギーを前面に出さず、マルクス・レーニン主義的な社会改造の革命を推進する新しいドグマを構築し、ユートピアにも現実社会の変革という積極的な意味を付与した。大衆社会の危険性について論じた『変革期における人間と社会』は、後のエーリヒ・フロムなどの大衆社会論の流れに大きな影響を与えた。日本では丸山眞男がマンハイムから大きな影響を受けているが、丸山はそれをスターリンの『レーニン主義の基礎』の代替として活用している。
rdfs:label
  • カール・マンハイム
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of