Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • カール・マガリッジ (Karl Muggeridge, 1974年4月20日 - ) は、オーストラリア、ニューサウスウェールズ州出身のオートバイレーサー。妻のイソベルとの間に1男をもつ。2004年にスーパースポーツ世界選手権のタイトルを獲得、翌年からスーパーバイク世界選手権に参戦している。マガリッジは数年間モトクロスを経験した後、1994年にロードレースを始めた。国内の250ccシリーズで4位を獲得、翌年からスズキで、3年間世界中を転戦、主に600ccのスーパースポーツに参加した。1996年には国内シリーズに参戦、続く2年間はイギリス選手権に参戦し、1999年には4位を獲得、その後スーパースポーツ世界選手権に参戦する。2000年は5位、2001年は7位、2002年は14位、2003年は4位という成績であった。2004年には7勝を挙げ8つのポールポジションを獲得、シリーズを制した。テン・ケート・レーシングは2005年に投入台数を増やし、2003年のスーパースポーツ世界選手権チャンピオン、クリス・バーミューレンがチームメイトとなる。2005年はカールにとって厳しいシーズンとなり、結果124ポイントで11位となった。2006年には背中の怪我でバレンシア戦を欠場した。第8戦のブランズ・ハッチでは3位を好走したもののリタイヤ、ノーポイントに終わった。シーズンは123ポイントで12位であった。マガリッジは2007年のシートを失い、チームからスーパースポーツ世界選手権への転向を打診された。彼はアルト・エヴォリューションチームに移籍しスーパーバイクに留まり、ジョシュ・ブルックスがチームメイトとなる。ホームレースのフィリップ・アイランドではプラクティスでクラッシュしレースに出走できなかった。イギリスでは9位からスタートしたがクラッシュ、その後レースは大雨のためキャンセルとなった。チームは法律問題のためミサノ戦に参戦できず、ブルックスはチームを離脱した。マガリッジはブルノからレースに復帰した。シーズンは62ポイントで16位という成績であった。2008年、マガリッジはDFXトリームチームに移籍し、再びホンダを駆ることとなった。シーズンは2回の6位が最高となり、77ポイントで15位となった。2009年にはセラニ・スズキチームに移籍する。シーズンを通して悪戦苦闘し、マニクールの第2レースで8位に入ったのが最高となり、最終戦には出走しなかった。今シーズンはまた、負傷したグレン・リチャーズの代役としてHM プラントチームからホンダを駆ってイギリススーパーバイク選手権に出走している。2010年シーズン、マガリッジはホルツハウアー・レーシング・プロモーションからIDM スーパーバイク選手権に参戦している。開幕戦のラウジッツリンクではポールポジションと第1、第2の両レース優勝という結果を出している。第3戦のニュルブルクリンクでも両レースで優勝した。
dbpedia-owl:predecessor
dbpedia-owl:successor
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2218193 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3177 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 25 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 46780455 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:after
prop-ja:before
prop-ja:birthDate
  • 1974-04-20 (xsd:date)
prop-ja:birthPlace
  • ニューサウスウェールズ州トゥィード・ヘッズ
prop-ja:caption
  • カール・マガリッジ、2007年のブランズ・ハッチ
prop-ja:name
  • カール・マガリッジ
prop-ja:sbkActiveYears
  • -
prop-ja:sbkLastPosition
  • 14 (xsd:integer)
prop-ja:sbkLastSeason
  • 2008 (xsd:integer)
prop-ja:sbkRaceStarts
  • 72 (xsd:integer)
prop-ja:title
prop-ja:website
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • 2004 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • カール・マガリッジ (Karl Muggeridge, 1974年4月20日 - ) は、オーストラリア、ニューサウスウェールズ州出身のオートバイレーサー。妻のイソベルとの間に1男をもつ。2004年にスーパースポーツ世界選手権のタイトルを獲得、翌年からスーパーバイク世界選手権に参戦している。マガリッジは数年間モトクロスを経験した後、1994年にロードレースを始めた。国内の250ccシリーズで4位を獲得、翌年からスズキで、3年間世界中を転戦、主に600ccのスーパースポーツに参加した。1996年には国内シリーズに参戦、続く2年間はイギリス選手権に参戦し、1999年には4位を獲得、その後スーパースポーツ世界選手権に参戦する。2000年は5位、2001年は7位、2002年は14位、2003年は4位という成績であった。2004年には7勝を挙げ8つのポールポジションを獲得、シリーズを制した。テン・ケート・レーシングは2005年に投入台数を増やし、2003年のスーパースポーツ世界選手権チャンピオン、クリス・バーミューレンがチームメイトとなる。2005年はカールにとって厳しいシーズンとなり、結果124ポイントで11位となった。2006年には背中の怪我でバレンシア戦を欠場した。第8戦のブランズ・ハッチでは3位を好走したもののリタイヤ、ノーポイントに終わった。シーズンは123ポイントで12位であった。マガリッジは2007年のシートを失い、チームからスーパースポーツ世界選手権への転向を打診された。彼はアルト・エヴォリューションチームに移籍しスーパーバイクに留まり、ジョシュ・ブルックスがチームメイトとなる。ホームレースのフィリップ・アイランドではプラクティスでクラッシュしレースに出走できなかった。イギリスでは9位からスタートしたがクラッシュ、その後レースは大雨のためキャンセルとなった。チームは法律問題のためミサノ戦に参戦できず、ブルックスはチームを離脱した。マガリッジはブルノからレースに復帰した。シーズンは62ポイントで16位という成績であった。2008年、マガリッジはDFXトリームチームに移籍し、再びホンダを駆ることとなった。シーズンは2回の6位が最高となり、77ポイントで15位となった。2009年にはセラニ・スズキチームに移籍する。シーズンを通して悪戦苦闘し、マニクールの第2レースで8位に入ったのが最高となり、最終戦には出走しなかった。今シーズンはまた、負傷したグレン・リチャーズの代役としてHM プラントチームからホンダを駆ってイギリススーパーバイク選手権に出走している。2010年シーズン、マガリッジはホルツハウアー・レーシング・プロモーションからIDM スーパーバイク選手権に参戦している。開幕戦のラウジッツリンクではポールポジションと第1、第2の両レース優勝という結果を出している。第3戦のニュルブルクリンクでも両レースで優勝した。
rdfs:label
  • カール・マガリッジ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of