Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • カール・ヨアヒム・フリードリッヒ(Carl Joachim Friedrich、1901年6月5日 – 1984年9月19日)は、ドイツ出身の政治学者。元ハーバード大学教授。専門は政治思想史、行政学、比較政治体制論など。研究・評論・政治活動のすべてを通じて、法の支配に基づく代議制民主主義を擁護したことで知られる。全体主義体制を批判し、直接民主主義や大衆運動には批判的な態度をとった。ジュディス・シュクラー、ベンジャミン・バーバー、ズビグネフ・ブレジンスキーなどが学問上の弟子にあたる。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1802042 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5926 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 69 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56245591 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • カール・ヨアヒム・フリードリッヒ(Carl Joachim Friedrich、1901年6月5日 – 1984年9月19日)は、ドイツ出身の政治学者。元ハーバード大学教授。専門は政治思想史、行政学、比較政治体制論など。研究・評論・政治活動のすべてを通じて、法の支配に基づく代議制民主主義を擁護したことで知られる。全体主義体制を批判し、直接民主主義や大衆運動には批判的な態度をとった。ジュディス・シュクラー、ベンジャミン・バーバー、ズビグネフ・ブレジンスキーなどが学問上の弟子にあたる。
rdfs:label
  • カール・フリードリッヒ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of