Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • カール・フランツ・ヨーゼフ・フォン・プロイセン(Karl Franz Joseph von Preußen, 1916年12月15日 - 1975年1月23日)は、プロイセン王国の王族。全名はカール・フランツ・ヨーゼフ・ヴィルヘルム・フリードリヒ・エドゥアルト・パウル(Karl Franz Joseph Wilhelm Friedrich Eduard Paul)。プロイセン王子ヨアヒムの一人息子で、ドイツ皇帝ヴィルヘルム2世の孫の一人。カール・フランツ・ヨーゼフは1916年12月15日、ヨアヒムとその妻であったアンハルト公エドゥアルトの娘マリー・アウグステ(1898年 - 1983年)の間に生まれ、直前に死去していたオーストリア=ハンガリー皇帝フランツ・ヨーゼフ1世にちなんで洗礼名を与えられた。ドイツ革命の後、両親が離婚。1920年、父ヨアヒムが自殺すると、父方の叔父アイテル・フリードリヒによって養育されることになったが、1921年に母マリー・アウグステが養育権を主張し、これが認められて母に養育されることになる。カール・フランツ・ヨーゼフは1975年1月23日にアリカ(チリのタラパカ州アリカ県)で死去した。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 609272 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1687 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 33 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47087157 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • カール・フランツ・ヨーゼフ・フォン・プロイセン(Karl Franz Joseph von Preußen, 1916年12月15日 - 1975年1月23日)は、プロイセン王国の王族。全名はカール・フランツ・ヨーゼフ・ヴィルヘルム・フリードリヒ・エドゥアルト・パウル(Karl Franz Joseph Wilhelm Friedrich Eduard Paul)。プロイセン王子ヨアヒムの一人息子で、ドイツ皇帝ヴィルヘルム2世の孫の一人。カール・フランツ・ヨーゼフは1916年12月15日、ヨアヒムとその妻であったアンハルト公エドゥアルトの娘マリー・アウグステ(1898年 - 1983年)の間に生まれ、直前に死去していたオーストリア=ハンガリー皇帝フランツ・ヨーゼフ1世にちなんで洗礼名を与えられた。ドイツ革命の後、両親が離婚。1920年、父ヨアヒムが自殺すると、父方の叔父アイテル・フリードリヒによって養育されることになったが、1921年に母マリー・アウグステが養育権を主張し、これが認められて母に養育されることになる。カール・フランツ・ヨーゼフは1975年1月23日にアリカ(チリのタラパカ州アリカ県)で死去した。
rdfs:label
  • カール・フランツ・ヨーゼフ・フォン・プロイセン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of