Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • カール・フォン・バイエルン(Karl von Bayern, 1795年7月7日 - 1875年8月16日)は、バイエルン王国の王族・軍人。全名はカール・テオドール・マクシミリアン・アウグスト(Karl Theodor Maximilian August)。陸軍元帥。バイエルン王マクシミリアン1世の次男。1795年7月7日、バイエルン選帝侯マクシミリアン4世ヨーゼフ(後のバイエルン王マクシミリアン1世)とその最初の妃であったヘッセン=ダルムシュタット方伯ゲオルク・ヴィルヘルムの娘アウグステ・ヴィルヘルミーネの間に第五子としてマンハイムで生まれた。マクシミリアン1世がアウグステ・ヴィルヘルミーネとの間にもうけた最後の子である。1813年からの解放戦争にはカールははじめ陸軍少将、のち歩兵大将として参加した。1841年に陸軍元帥(Feldmarschall)およびバイエルン陸軍総監(Inspekteur der bayerischen Armee)に、1860年にドイツ連邦の第7軍の司令官に任じられた。1866年の普墺戦争においてカールはバイエルン軍を指揮した。1875年8月16日、カールはテゲルンゼー(現バイエルン州ミースバッハ郡)で死去した。ミュンヘンのプリンツレゲンテン通りにあるプリンツ=カール宮殿は、カールが住んでいたことにちなんで名付けられている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1043276 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1854 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 46 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 46932867 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • カール・フォン・バイエルン(Karl von Bayern, 1795年7月7日 - 1875年8月16日)は、バイエルン王国の王族・軍人。全名はカール・テオドール・マクシミリアン・アウグスト(Karl Theodor Maximilian August)。陸軍元帥。バイエルン王マクシミリアン1世の次男。1795年7月7日、バイエルン選帝侯マクシミリアン4世ヨーゼフ(後のバイエルン王マクシミリアン1世)とその最初の妃であったヘッセン=ダルムシュタット方伯ゲオルク・ヴィルヘルムの娘アウグステ・ヴィルヘルミーネの間に第五子としてマンハイムで生まれた。マクシミリアン1世がアウグステ・ヴィルヘルミーネとの間にもうけた最後の子である。1813年からの解放戦争にはカールははじめ陸軍少将、のち歩兵大将として参加した。1841年に陸軍元帥(Feldmarschall)およびバイエルン陸軍総監(Inspekteur der bayerischen Armee)に、1860年にドイツ連邦の第7軍の司令官に任じられた。1866年の普墺戦争においてカールはバイエルン軍を指揮した。1875年8月16日、カールはテゲルンゼー(現バイエルン州ミースバッハ郡)で死去した。ミュンヘンのプリンツレゲンテン通りにあるプリンツ=カール宮殿は、カールが住んでいたことにちなんで名付けられている。
rdfs:label
  • カール・フォン・バイエルン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:子女 of
is foaf:primaryTopic of