Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • カール・フィッシャー滴定(カール・フィッシャーてきてい)は、分析化学における古典的な滴定法のひとつである。電量もしくは容量滴定により、試料中の微量の水の量を決定する。ドイツの化学者、カール・フィッシャーによって1935年に発明された。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1407333 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1674 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 9 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57743233 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • カール・フィッシャー滴定(カール・フィッシャーてきてい)は、分析化学における古典的な滴定法のひとつである。電量もしくは容量滴定により、試料中の微量の水の量を決定する。ドイツの化学者、カール・フィッシャーによって1935年に発明された。
rdfs:label
  • カール・フィッシャー滴定
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of