Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • カール・バルト(ドイツ語: Karl Barth, 1886年5月10日 - 1968年12月10日)は、20世紀のキリスト教神学に大きな影響を与えたスイスの神学者。その思想は弁証法神学や危機神学、あるいは新正統主義と呼ばれる(バルト自身は自らの神学を「神の言葉の神学」と呼んでいる)。1934年、ナチス・ドイツの政策に従うドイツ福音主義教会に対して結成された告白教会の理論的指導者となり、バルメン宣言を起草した。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 67895 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 15016 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 194 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58627865 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:両親
  • 母:アンナ・カタリーナ・バルト
  • 父:ヨハン・フリードリヒ・バルト
prop-ja:主な受賞歴
  • dbpedia-ja:オックスフォード大学
  • ソニング賞
  • 名誉博士号
  • 名誉文学博士号
  • 名誉法学博士号
  • 名誉神学博士号
  • (エディンバラ大学)
  • (シカゴ大学・ブダペスト大学)
  • (セント・アンドリュース大学・
  • (ソルボンヌ大学)
prop-ja:主要な作品
  • 『バルメン宣言』
  • 『ローマ書講解』
  • 『教会教義学』
prop-ja:出身校
prop-ja:名前
  • カール・バルト
prop-ja:子供
  • フランシスカ、マルクース、次男クリストフ
prop-ja:学派
prop-ja:影響を与えた人物
prop-ja:影響を受けた人物
prop-ja:死没地
  • 、バーゼル
prop-ja:没年月日
  • 1968-12-10 (xsd:date)
prop-ja:生年月日
  • 1886-05-10 (xsd:date)
prop-ja:生誕地
  • 、バーゼル
prop-ja:研究分野
prop-ja:配偶者
  • ネリー・ホフマン
dcterms:subject
rdfs:comment
  • カール・バルト(ドイツ語: Karl Barth, 1886年5月10日 - 1968年12月10日)は、20世紀のキリスト教神学に大きな影響を与えたスイスの神学者。その思想は弁証法神学や危機神学、あるいは新正統主義と呼ばれる(バルト自身は自らの神学を「神の言葉の神学」と呼んでいる)。1934年、ナチス・ドイツの政策に従うドイツ福音主義教会に対して結成された告白教会の理論的指導者となり、バルメン宣言を起草した。
rdfs:label
  • カール・バルト
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:influenced of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:influenced of
is foaf:primaryTopic of