Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • カール・グスタフ・エミール・マンネルヘイム(フィンランド語: Carl Gustaf Emil Mannerheim、1867年6月4日 - 1951年1月27日)は、フィンランドの軍人、大統領。フィンランド軍の最高司令官としてフィンランド内戦、冬戦争、継続戦争を指揮した。士官候補生としてロシア帝国陸軍に入隊し、日露戦争などで実績を積み将軍となった。第一次世界大戦中にフィンランドが独立すると、その後の混乱から起こったフィンランド内戦で、白衛軍の司令官として闘った。独立早期、フィンランドが君主制を目指した際には摂政として連合国に独立承認を求めた。その後、一時は公職を離れたが、第二次大戦突入前の情勢不安の中で先の実績を買われて国防委員長となり、軍の装備の更新などに力を入れた。その後のソ連との戦争である冬戦争、継続戦争においては最高指揮官となり、フィンランドの防衛を行った。継続戦争の戦況悪化とナチス・ドイツとの同盟の責任から大統領を辞したリスト・リュティを継いで、1944年から1946年にかけて第6代大統領となり、ソ連との難しい講和を成し遂げ、独立を保った。2000年のフィンランド国内の調査においてフィンランドで最も偉大な人物として選ばれた。
dbpedia-owl:birthDate
  • 1867-06-04 (xsd:date)
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:deathDate
  • 1951-01-27 (xsd:date)
dbpedia-owl:deathPlace
dbpedia-owl:imageSize
  • 200 (xsd:integer)
dbpedia-owl:occupation
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 34537 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 39510 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 360 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59085115 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:サイン
  • CGE Mannerheim autograph.svg
prop-ja:人名
  • カール・グスタフ・エミール・マンネルヘイム
  • カルル・グスタフ・エミール・マンネルヘイム(クスター)
prop-ja:出生地
  • トゥルク・ポリ州
  • ロウヒサーリ
prop-ja:前職
prop-ja:国旗
  • FIN
prop-ja:就任日
  • --03-08
prop-ja:死没地
  • ヴォー州
  • ローザンヌ郡 ローザンヌ
prop-ja:没年月日
  • 1951-01-27 (xsd:date)
prop-ja:生年月日
  • 1867-06-04 (xsd:date)
prop-ja:画像
  • Carl Gustaf Emil Mannerheim.jpg
prop-ja:画像サイズ
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:職名
  • 第6代フィンランド共和国大統領
prop-ja:退任日
  • --03-01
prop-ja:配偶者
  • アナスタシア・アラフォヴァ
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • カール・グスタフ・エミール・マンネルヘイム(フィンランド語: Carl Gustaf Emil Mannerheim、1867年6月4日 - 1951年1月27日)は、フィンランドの軍人、大統領。フィンランド軍の最高司令官としてフィンランド内戦、冬戦争、継続戦争を指揮した。士官候補生としてロシア帝国陸軍に入隊し、日露戦争などで実績を積み将軍となった。第一次世界大戦中にフィンランドが独立すると、その後の混乱から起こったフィンランド内戦で、白衛軍の司令官として闘った。独立早期、フィンランドが君主制を目指した際には摂政として連合国に独立承認を求めた。その後、一時は公職を離れたが、第二次大戦突入前の情勢不安の中で先の実績を買われて国防委員長となり、軍の装備の更新などに力を入れた。その後のソ連との戦争である冬戦争、継続戦争においては最高指揮官となり、フィンランドの防衛を行った。継続戦争の戦況悪化とナチス・ドイツとの同盟の責任から大統領を辞したリスト・リュティを継いで、1944年から1946年にかけて第6代大統領となり、ソ連との難しい講和を成し遂げ、独立を保った。2000年のフィンランド国内の調査においてフィンランドで最も偉大な人物として選ばれた。
rdfs:label
  • カール・グスタフ・エミール・マンネルヘイム
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • カール・グスタフ・エミール・マンネルヘイム
  • カルル・グスタフ・エミール・マンネルヘイム(クスター)
is dbpedia-owl:opponents of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:commander of
is prop-ja:regent of
is prop-ja:元首 of
is foaf:primaryTopic of