Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • カール・ルドルフ・エンゲル(Karl Rudolf Engel, 1923年6月1日 - 2006年9月2日)は、スイス出身のピアノ奏者。ビルスフェルデンの生まれ。1942年から1945年までベルン音楽院でパウル・バウムガルトナーに師事。その後パリに行き、1947年から翌年までエコールノルマル音楽院でアルフレッド・コルトーの指導を受けた。1951年にはフェルッチョ・ブゾーニ国際ピアノ・コンクールで三位、1952年にはエリザベート王妃国際音楽コンクールで二位入賞。1958年から1986年までハノーファー音楽演劇大学で教鞭を執り、1989年から世界各地でマスター・クラスを開いた。ケルネにて没。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3099902 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 589 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 14 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57069510 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • カール・ルドルフ・エンゲル(Karl Rudolf Engel, 1923年6月1日 - 2006年9月2日)は、スイス出身のピアノ奏者。ビルスフェルデンの生まれ。1942年から1945年までベルン音楽院でパウル・バウムガルトナーに師事。その後パリに行き、1947年から翌年までエコールノルマル音楽院でアルフレッド・コルトーの指導を受けた。1951年にはフェルッチョ・ブゾーニ国際ピアノ・コンクールで三位、1952年にはエリザベート王妃国際音楽コンクールで二位入賞。1958年から1986年までハノーファー音楽演劇大学で教鞭を執り、1989年から世界各地でマスター・クラスを開いた。ケルネにて没。
rdfs:label
  • カール・エンゲル
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of