Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • カールマーン1世 (ハンガリー語:Kálmán, 1070年頃 - 1116年2月3日)は、ハンガリー王、及びクロアチア王。文人王と呼ばれる。王として即位後のカールマーンは、実弟でスラヴォニア公のアールモシュ(Álmos)と戦わなければならなかった。カールマーンは生まれつきの身体障害をもっていたとされ、障害のある者は王位にふさわしくないとする風潮の強い当時のハンガリーで、アールモシュは絶えず兄の王位継承の正当性に疑念を表したのだった。最終的に、カールマーンはアールモシュとその幼い息子の目を潰させ、後世の年代記で触れられているが彼の悪事を非難する2人を宮廷で生き長らえさせた。またカールマーンは当代有数の教育を受けた人物であり、ポーランド人年代記作者ガルス・アノニムスは王を「同時代のどの王よりも学問に通じた人物」と賞した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1399257 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6396 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 89 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58887229 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • カールマーン1世 (ハンガリー語:Kálmán, 1070年頃 - 1116年2月3日)は、ハンガリー王、及びクロアチア王。文人王と呼ばれる。王として即位後のカールマーンは、実弟でスラヴォニア公のアールモシュ(Álmos)と戦わなければならなかった。カールマーンは生まれつきの身体障害をもっていたとされ、障害のある者は王位にふさわしくないとする風潮の強い当時のハンガリーで、アールモシュは絶えず兄の王位継承の正当性に疑念を表したのだった。最終的に、カールマーンはアールモシュとその幼い息子の目を潰させ、後世の年代記で触れられているが彼の悪事を非難する2人を宮廷で生き長らえさせた。またカールマーンは当代有数の教育を受けた人物であり、ポーランド人年代記作者ガルス・アノニムスは王を「同時代のどの王よりも学問に通じた人物」と賞した。
rdfs:label
  • カールマーン1世
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of