Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • カーボベルデの教育における初等学校は、6歳から14歳まで必修であり、6歳から12歳までの児童は無料である。1997年には、初等教育の総就学率が148.8%に達した。2001年におけるカーボベルデの初等学校の出席率は利用不可だった。就学率が教育の責任のレベルを示す一方で、それらは常に児童の参加を反映しているわけではない。教科書は90%の児童が利用することが可能となっており、教員の83%は実行中の教員訓練に出席している。多くの児童が教育にアクセスするものの、一部の問題は顕在である。例を挙げるならば、多くの生徒と一部の教員は家庭でクレオール語を話し、ポルトガル語(教授言語である)を操ることが下手であり、学校の機材、昼食、書籍が不十分に費やされている。さらに、かなりの学年において再修率が高い。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1955595 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 987 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 9 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47172742 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • カーボベルデの教育における初等学校は、6歳から14歳まで必修であり、6歳から12歳までの児童は無料である。1997年には、初等教育の総就学率が148.8%に達した。2001年におけるカーボベルデの初等学校の出席率は利用不可だった。就学率が教育の責任のレベルを示す一方で、それらは常に児童の参加を反映しているわけではない。教科書は90%の児童が利用することが可能となっており、教員の83%は実行中の教員訓練に出席している。多くの児童が教育にアクセスするものの、一部の問題は顕在である。例を挙げるならば、多くの生徒と一部の教員は家庭でクレオール語を話し、ポルトガル語(教授言語である)を操ることが下手であり、学校の機材、昼食、書籍が不十分に費やされている。さらに、かなりの学年において再修率が高い。
rdfs:label
  • カーボベルデの教育
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is foaf:primaryTopic of