Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • カーナーヴォン伯爵(英: Earl of Carnarvon)は、イギリスの伯爵位。これまでイングランド貴族として一度、グレートブリテン貴族として二度創設されている。なお爵位名はウェールズの町であるカーナーヴォンおよびカウンティであるカーナーヴォンシャーに由来するが、これらの地名の綴りは Caernarfon に変更されている。最初にカーナーヴォン伯爵に叙されたのはチャールズ1世の廷臣であった第2代ドーマー男爵ロバート・ドーマーで、1628年にイングランド貴族としてであった。この時チャールズ1世は加えて「アスコット子爵(Viscount Ascot)」も与えている。初代カーナーヴォン伯爵となったロバートはイングランド内戦において騎士党(王党派)につき、1643年9月20日の第一次ニューバリーの戦いで戦死した。伯爵位は一人息子のチャールズに継承されたが、2代伯爵は男子にことごとく先立たれたため、彼の死とともに断絶した。続いて1714年、第9代シャンドス男爵ジェイムズ・ブリッジズが「カウンティ・オヴ・ハートフォードにおけるウィルトン子爵(Viscount Wilton, in the County of Hertford)」および「カーナーヴォン伯爵」に叙され、さらに1719年には「カーナーヴォン侯爵(Marquess of Carnarvon)」および「シャンドス公爵(Duke of Chandos)」へ陞叙された(いずれもグレートブリテン貴族)。彼の没後これらの爵位は息子のヘンリー、孫のジェイムズと継承されたが、男子のいなかった3代公爵を最後に断絶した。三度目の創設は1793年、初代ポーチェスター男爵ヘンリー・ハーバートへグレートブリテン貴族として授けられたものであり、以後カーナーヴォン伯爵は2013年現在までハーバート家が保持している。この時授けられた称号は正式には「Earl of the Town and County of Carnarvon, in the Principality of Wales」であるが、通常は単に「カーナーヴォン伯爵(Earl of Carnarvon)」として言及される。初代伯爵は1780年にグレートブリテン貴族の「カウンティ・オヴ・サウサンプトンにおけるハイクレアのポーチェスター男爵(Baron Porchester, of Highclere, in the county of Southampton)」に叙されていたため、現在のカーナーヴォン伯爵にはこの爵位が付属し、伯爵位の法定推定相続人は「ポーチェスター卿」の儀礼称号を帯びる。初代伯爵となったヘンリーは、第8代ペンブルック伯爵トマス・ハーバートの五男ウィリアムの息子であった。彼は初め庶民院議員であったが叙爵により貴族院へ移り、初代グレンヴィル男爵ウィリアム・グレンヴィルの下で主馬頭(Master of the Horse)を務めた。後を継いだ息子の2代伯爵ヘンリーやその息子で3代伯爵となったヘンリーも、庶民院議員となった後に貴族院へ転じている。3代伯爵の長男であった4代伯爵ヘンリーは保守党の有力政治家であり、第14代ダービー伯爵エドワード・スミス=スタンリーの第3次内閣とベンジャミン・ディズレーリの第2次内閣に植民地大臣として、第3代ソールズベリー侯爵ロバート・ガスコイン=セシルの第1次内閣にアイルランド総督としてそれぞれ入閣している。4代伯爵が没すると、息子のジョージが5代伯爵となった。5代伯爵はアマチュア考古学者であり、ハワード・カーターのスポンサーとなりツタンカーメン王の墓の発見を支援したことで知られている。続いて5代伯爵の一人息子ヘンリーが6代伯爵、6代伯爵の一人息子ヘンリーが7代伯爵となった。2013年現在のカーナーヴォン伯爵は8代伯爵となるジョージで、2001年に襲爵した。カーナーヴォン伯爵家の邸宅はハンプシャー州のハイクレア城である。ここはテレビドラマ『ダウントン・アビー』の撮影に用いられた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2881133 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 12267 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 92 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59230199 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • カーナーヴォン伯爵(英: Earl of Carnarvon)は、イギリスの伯爵位。これまでイングランド貴族として一度、グレートブリテン貴族として二度創設されている。なお爵位名はウェールズの町であるカーナーヴォンおよびカウンティであるカーナーヴォンシャーに由来するが、これらの地名の綴りは Caernarfon に変更されている。最初にカーナーヴォン伯爵に叙されたのはチャールズ1世の廷臣であった第2代ドーマー男爵ロバート・ドーマーで、1628年にイングランド貴族としてであった。この時チャールズ1世は加えて「アスコット子爵(Viscount Ascot)」も与えている。初代カーナーヴォン伯爵となったロバートはイングランド内戦において騎士党(王党派)につき、1643年9月20日の第一次ニューバリーの戦いで戦死した。伯爵位は一人息子のチャールズに継承されたが、2代伯爵は男子にことごとく先立たれたため、彼の死とともに断絶した。続いて1714年、第9代シャンドス男爵ジェイムズ・ブリッジズが「カウンティ・オヴ・ハートフォードにおけるウィルトン子爵(Viscount Wilton, in the County of Hertford)」および「カーナーヴォン伯爵」に叙され、さらに1719年には「カーナーヴォン侯爵(Marquess of Carnarvon)」および「シャンドス公爵(Duke of Chandos)」へ陞叙された(いずれもグレートブリテン貴族)。彼の没後これらの爵位は息子のヘンリー、孫のジェイムズと継承されたが、男子のいなかった3代公爵を最後に断絶した。三度目の創設は1793年、初代ポーチェスター男爵ヘンリー・ハーバートへグレートブリテン貴族として授けられたものであり、以後カーナーヴォン伯爵は2013年現在までハーバート家が保持している。この時授けられた称号は正式には「Earl of the Town and County of Carnarvon, in the Principality of Wales」であるが、通常は単に「カーナーヴォン伯爵(Earl of Carnarvon)」として言及される。初代伯爵は1780年にグレートブリテン貴族の「カウンティ・オヴ・サウサンプトンにおけるハイクレアのポーチェスター男爵(Baron Porchester, of Highclere, in the county of Southampton)」に叙されていたため、現在のカーナーヴォン伯爵にはこの爵位が付属し、伯爵位の法定推定相続人は「ポーチェスター卿」の儀礼称号を帯びる。初代伯爵となったヘンリーは、第8代ペンブルック伯爵トマス・ハーバートの五男ウィリアムの息子であった。彼は初め庶民院議員であったが叙爵により貴族院へ移り、初代グレンヴィル男爵ウィリアム・グレンヴィルの下で主馬頭(Master of the Horse)を務めた。後を継いだ息子の2代伯爵ヘンリーやその息子で3代伯爵となったヘンリーも、庶民院議員となった後に貴族院へ転じている。3代伯爵の長男であった4代伯爵ヘンリーは保守党の有力政治家であり、第14代ダービー伯爵エドワード・スミス=スタンリーの第3次内閣とベンジャミン・ディズレーリの第2次内閣に植民地大臣として、第3代ソールズベリー侯爵ロバート・ガスコイン=セシルの第1次内閣にアイルランド総督としてそれぞれ入閣している。4代伯爵が没すると、息子のジョージが5代伯爵となった。5代伯爵はアマチュア考古学者であり、ハワード・カーターのスポンサーとなりツタンカーメン王の墓の発見を支援したことで知られている。続いて5代伯爵の一人息子ヘンリーが6代伯爵、6代伯爵の一人息子ヘンリーが7代伯爵となった。2013年現在のカーナーヴォン伯爵は8代伯爵となるジョージで、2001年に襲爵した。カーナーヴォン伯爵家の邸宅はハンプシャー州のハイクレア城である。ここはテレビドラマ『ダウントン・アビー』の撮影に用いられた。
rdfs:label
  • カーナーヴォン伯爵
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:称号・勲章 of
is foaf:primaryTopic of