Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • カンプチア王国民族連合政府(カンプチアおうこくみんぞくれんごうせいふ、フランス語: Gouvernement Royal d'Union Nationale du Kampuchéa、GRUNKと略される)とは、1970年から1976年まで北京に存続していたカンボジアの亡命政府である。この政府は実際に、1975年から1976年までカンボジアを統治していた。カンプチア王国民族連合政府はカンプチア民族統一戦線、亡命していた国家元首ノロドム・シハヌークの支持者、そしてカンボジア共産党(シハヌーク自らが命名したクメール・ルージュという名で広く知られる)の連立によって成立した。それは1970年のカンボジアクーデターによってシハヌークが追放された直後に、シハヌークのサンクム(人民社会主義共同体)政府を相手に戦ってきた数百のクメール・ルージュ反乱者や、中国の支持と共に創られた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2199662 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 8563 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 94 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57822681 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • カンプチア王国民族連合政府(カンプチアおうこくみんぞくれんごうせいふ、フランス語: Gouvernement Royal d'Union Nationale du Kampuchéa、GRUNKと略される)とは、1970年から1976年まで北京に存続していたカンボジアの亡命政府である。この政府は実際に、1975年から1976年までカンボジアを統治していた。カンプチア王国民族連合政府はカンプチア民族統一戦線、亡命していた国家元首ノロドム・シハヌークの支持者、そしてカンボジア共産党(シハヌーク自らが命名したクメール・ルージュという名で広く知られる)の連立によって成立した。それは1970年のカンボジアクーデターによってシハヌークが追放された直後に、シハヌークのサンクム(人民社会主義共同体)政府を相手に戦ってきた数百のクメール・ルージュ反乱者や、中国の支持と共に創られた。
rdfs:label
  • カンプチア王国民族連合政府
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:occupation of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:職名 of
is foaf:primaryTopic of