Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • カレン・ホーナイ(Karen Horney, 1885年9月16日 - 1952年12月4日)は、精神科医、精神分析家。新フロイト派とされる。精神分析の男性中心的な部分(女児の男根願望など)を批判した。フェミニズムにも影響を与えた。ドイツのハンブルク郊外の高級住宅街ブランケネーゼにフランドル系(オランダ系)の家庭に生まれた。著作にホーナイ全集全7巻(我妻洋, 安田一郎 編、誠信書房)など。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 178319 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 969 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 35 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 52492797 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • カレン・ホーナイ(Karen Horney, 1885年9月16日 - 1952年12月4日)は、精神科医、精神分析家。新フロイト派とされる。精神分析の男性中心的な部分(女児の男根願望など)を批判した。フェミニズムにも影響を与えた。ドイツのハンブルク郊外の高級住宅街ブランケネーゼにフランドル系(オランダ系)の家庭に生まれた。著作にホーナイ全集全7巻(我妻洋, 安田一郎 編、誠信書房)など。
rdfs:label
  • カレン・ホーナイ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of